米国ITSアーキテクチャ(1996年6月版)
題名:ITSアーキテクチャ標準規格開発プラン

〔原文題名:ITS Architecture Standards Development Plan
 原文作成:U.S. Department of Transportation〕

この「規格開発プラン」の目的は、次の通りである:
 ・標準化すべき分野の抽出
 ・既存の規格に対する取り込みの整理
 ・規格開発を支援するための一般プロセスの説明
 ・ITSの展開を支援推進するための活動の提案

本資料は、アーキテクチャを使うための指針となるよう意図したものである。さまざまなレベルの規格開発組織(SDO)、製品開発者、サービスプロバイダ、および公共機関向けの資料である。本資料ではメリット、リスク、およびその削減を検討している。標準化は全国レベルの互換性を高め、複数のサプライヤおよび広範囲な製品機能やサービスの登場を保証することでメリットを生み出す。ITS(Intelligent Transportation System)システム間の相互運用性を保証することによって、ITS全体にわたるシナジーが生まれ、公共プロバイダおよび民間プロバイダのリスクが大幅に削減される。シナジーと相互運用性は、製品プロバイダやサービスプロバイダの投資を保護し、潜在的な市場規模を拡大させ、ITS関連の開発を増進させる

本資料ではITSに対する個別/潜在的な標準化ニーズを明確にしている。標準化すべきものとして、物理アーキテクチャによって定義されるインタフェースなどが挙げられている。「導入戦略」は、開発の優先順位ガイドであり、それぞれのシステムについて必要な要素がすべてが得られるのを保証するためのものである。相互運用性は、アメリカ全国、地域、および製品に関わる重大問題である。この取組みの適用範囲はアメリカ国内であるが、検討過程で国際的な配慮も必要である。本資料では国際的な考慮点を取り上げ、「標準規格要求仕様パッケージ」との関係を明確にする。全米アーキテクチャの所産の使用を開始するに当たって合理的なアプローチとは、重要部分すべてを明確にし、開発を進める組織に合うように作業を分割し、緊急性および必要性に基づいて優先順位を付け、既存の適用可能な規格を明確化することである。各規格組織には、全米アーキテクチャに関する資料の全体にわたって分類を行い、各組織がこのプロセスのために必要とするすべての情報を抽出する能力がなければならない

全米アーキテクチャの規格開発は、「ITSアメリカ規格およびプロトコルの方針」によって指針が示されている。ITSアメリカは、要件の明確化を支援し、ITS関連規格の開発の促進、使用の助長を図る。ITSアメリカは、その役割を、規格開発組織ではなく、指導、促進、サポートであると定義している

標準化の導入にむけて、他に既存の活動や進行中の活動がある。その1つが、募集要項(DTFH61−96−R−00004)で定義された「ITS標準の開発(ITS Standards Development)」であり、これに基づきいくつかの契約発注が行われた。この取組みの骨子については、「標準規格開発プラン」のセクション4で定義している

ITSの導入にあたって、全国的な互換性や相互運用可能性を促進するために、全米アーキテクチャは非常に重要なステップである。全国的な互換性を実現するためには、最終的にはアーキテクチャの枠組みに沿った標準が指定または開発され、それがITS導入者たちに使用されなくてはならない。このアーキテクチャと標準の間の重要な移行を進めるため、標準規格開発プラン(Standards Development Plan)は以下を目的とする;
●全米アーキテクチャに関連して、標準化が望まれる領域の同定と評価
●既存の標準化努力の概観と、それらのアーキテクチャの枠組みとの関わり
●全米アーキテクチャが、どのようにして規格開発に関する情報提供を行い、それを支援するのかという一般的なプロセスを説明
●ITS導入に向けて、タイムリーで有益な標準制定に向けたアクションを提案

この資料は、別途に提出されている「導入戦略」および「標準規格要求仕様」(いずれも提供可能)の基本的な構成要素である

1.はじめに
 1.1.目的および範囲
 1.2.ITS標準規格:メリットとリスク
 1.3.用語集、または定義
2.ITSに関する規格の必要性
 2.1.インタフェース相互運用性の要件
 2.2.国際化に関する考慮点
 2.3.ITS標準規格の構築にアーキテクチャおよびその他の活動を利用する
 2.4.初期展開に重点を置く
 2.5.重点規格
 2.6.全米アーキテクチャの成果を使って標準規格開発を進めるには
3.標準規格開発と全米アーキテクチャ
 3.1.ITSアメリカの標準規格に関する取組み
 3.2.規格開発組織と開発プロセス
 3.3.全米アーキテクチャはどのようにこのプロセスをサポートするのか
 3.4.標準規格要求仕様
4.標準規格導入活動
 4.1.全米戦略
 4.2.技術サポート