ITS車載システムアーキテクチャの調査研究【評価方法の基礎研究】概要編

本研究は、次の二つの流れに分けて進めた

(1)ITS全体を意識した車載システムアーキテクチャの評価検討
 一般の大規模なシステムに対する評価手法や米国のナショナルアーキテクチャ(NSA)の調査を行ない、アーキテクチャ開発から社会への展開にいたるITSの各段階において想定される各種評価について全体的枠組みを検討、整理した。
 さらに、車載システムアーキテクチャ評価において特に留意すべき点を明らかにすることを目指して、車載システムアーキテクチャ開発からの物理アーキテクチャサンプル(仮)を用い、物理アーキテクチャ評価手法の検討を行うとともに、通信技術標準化に関する課題を検討した

(2)車載通信網に関する評価手法の検討
 車載システムあるいはそのアーキテクチャを評価する主要な項目である通信に焦点を当てて次の検討を行った

<1>通信網評価手法の基礎情報を得ることを目的にした、通信網シミュレーションの現状調査
<2>システムアーキテクチャ開発と通信網評価の関係・枠組みを含む、通信網シミュレーションシステムの概念設計
<3>通信網の評価に必要なデータを作成するための通信需要発生モデルの検討

評価手法を先行的に検討し、評価する側からも上流のシステムアーキテクチャ開発に意見を提示し、システムアーキテクチャ研究の全体的な充実を図ることを期待して、上記二つの検討をシステムアーキテクチャ開発と並行して実施した。特に通信網評価の重要性に鑑み、先行的検討を行った

1.はじめに
 1.1 目的
 1.2 今年度研究の方針と概要
2.ITS車載システムアーキテクチャの評価
 2.1 評価の枠組み
 2.2 論理アーキテクチャの評価
 2.3 物理アーキテクチャの評価
 2.4 通信評価
3.通信網シミュレーションシステムの概念設計
 3.1 通信網シミュレーションの手順の検討
 3.2 通信網シミュレーションに要求される機能の検討
 3.3 通信網シミュレーションモデルの前提条件の検討
 3.4 通信需要発生モデルの検討
4.技術標準化に関する課題
 4.1 標準化の目的
 4.2 通信系から見た技術標準化の課題
5.知見と考察
 5.1 ITS車載システムアーキテクチャの評価
 5.2 通信網シミュレーションシステムの概念設計
 5.3 通信技術標準化に関する課題
6.まとめ