ITSシステムアーキテクチャ等に関する欧米の動向調査報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済、社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています

また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは、公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うために、平成9年6月に(財)自動車走行電子技術協会は、通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

本調査研究は、その事業の一環として「平成9年度ITSの規格化事業(ITSシステムアーキテクチャに関する欧米の動向調査とITS関連データベース構築)」を、道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会(VERTIS)に再委託し、下記3項目の調査研究を実施致しました。
1.ITSシステムアーキテクチャ等に関する欧米の動向調査
2.ITS標準化活動促進用データベース構築
3.ITS関連基礎情報の整備

本報告書は、高度道路交通システム(ITS)のシステムアーキテクチャ開発動向を調査するため、専門家チームを海外の関係団体に派遣し、その結果をまとめたものである。この分野で先行している欧州と米国を調査対象とし、関係団体の開発キーマンや見識者にインタビューする形で行なった。調査のポイントはそれぞれの進捗状況から、欧州に関してはITSアーキテクチャの開発動向を、米国に関してはITSナショナルアーキテクチャのその後の活用状況である

●第1部 欧州のSA動向調査
1 欧州調査概要
2 ERTICOの活動
3 英国の活動
4 オランダの活動
5 DATEXの開発動向
6 有識者の見解(Dr.John Miles)
7 入手資料一覧 

欧州のITSシステムアーキテクチャ開発動向の調査をした。欧州では、過去何度もシステムアーキテクチャの開発プロジェクトが実施されているようであるが、その成果や現状が不明であった。汎欧州を対象にしているERTICO及び欧州の主な国のシステムアーキテクチャに対する考え方や過去、現在、将来計画の状況調査を行った。
調査項目を大別すると次の通りである。
 ・システムアーキテクチャの目的
 ・開発方法
 ・成果
 ・利用方法
 ・メンテナンスと管理方法

●第2部 米国のSA動向調査
 1 米国調査概要
 2 米国アーキテクチャ開発活動全般(Dr.Robert S.Jaffe)
 3 ITSアメリカの取り組み
 4 US DOTの取り組み
 5 自動車メーカの見解と取り組み(GM)
 6 モデル実配備(MDI)の状況(フェニックス)
 7 モデル実配備(MDI)の状況(シアトル)
 8 有識者の見解(Dr.Kan Chen)
 9 関連調査(SmartRoute Systems)
 10 入手資料一覧

米国のITSシステムアーキテクチャ開発動向の調査をした。米国では、システムアーキテクチャの開発が終了している状況に鑑みて、開発過程に関する情報のみならず、その利用方法とメンテナンスに力点を置いた調査を行った。調査項目を大別すると次の通りである。
 ・システムアーキテクチャの目的
 ・開発方法(体制、各開発工程、評価、コンセンサス形成)
 ・成果(現在の状況、成果経験、今後の計画)
 ・利用方法(普及促進、モデル地区実験との関係)
 ・メンテナンスと管理方法

●第3部 その他有識者の見解
 1 ISO/TC204/WG1の取り組み(WG1コンビーナ&エキスパート)
 2 日米のアーキテクチャについて(Mr.Ronald Heft)

ISO/TC204 WG1のコンビーナであるMr.B.Williams、WG1の豪州エキスパートDr.J.Smith、米国エキスパートのMr.A.M.Schokaに面会し、ISO/TC204 WG1の現状及びWG1のTICSシステムアーキテクチャに対する考え方を伺ったので報告する

●第4部 まとめ

本報告書は、海外システムアーキテクチャ開発動向調査結果をまとめたものである。本調査では、既往文献等のレビューを主とした国内での事前調査と共に、欧米のキーパーソンとの議論によって疑問を明らかにすることを試みている。調査対象は、システムアーキテクチャ(SA)の開発を各国を横断して捉えようとしている欧州と、既に国家アーキテクチャの開発を終了し、重点を実配備に移しつつある米国である。訪問先は延べ15箇所、面談者は延べ44名(国内での海外面談者4名含む)である。