ITS車載システムアーキテクチャの研究
【評価手法に関する調査研究】付属資料

ITS車載システムアーキテクチャの評価手法に関する研究にあたって、今年度は、昨年度検討を行ったITS車載システムアーキテクチャの評価手法を見直した。今年度見直した評価手法に対して、社団法人新交通管理システム協会(UTMS)、財団法人運輸政策研究機構などの関連団体および有識者にインタビューを行い、本研究で行ったITS車載システムアーキテクチャ評価手法を適用する際の意見をまとめた。(以上A番号)

また、システムアーキテクチャの評価手法を検討する上での参考資料として、ITS関連の重要技術の標準化に関する国際動向をまとめた。ここでは、通信技術の標準化に関する国際動向と、通信網に関する規格化検討団体の動向をまとめた。(以上B番号)

さらに、システムアーキテクチャの作成目的の重要な柱でもあり、また、今年度調査研究で行った車内通信網標準化効果の先行的研究の基礎資料となる標準化効果に関する関連調査を行った。(以上C番号)

本編はこれらの調査について記述するものである

A.システムアーキテクチャ評価手法適用に関する調査
 A.1 システムアーキテクチャ評価手法適用に関する意見要約
 A.2 システムアーキテクチャ評価手法適用に関する意見の詳細
B.ITS関連の重要技術の標準化に関する国際動向
 B.1 通信技術の標準化に関する国際動向
 B.2 通信網に関する規格化検討団体の動向
C.標準化効果に関する関連調査
 C.1 公的標準とデファクトスタンダード
 C.2 国際標準
 C.3 標準形成の例
 C.4 標準化の効果例