ITS車載システムアーキテクチャの応用研究
【インフォメーションアーキテクチャの研究】報告書

関係5省庁で策定した高度道路交通システム(ITS)の全体構想は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の持続的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISO/TC204等において、このITS関係技術についての国際規格化活動が鋭意進められているが、ITSは公共的機能を基盤にし、民間が供給する製品との組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードしてゆく必要があります。このため、各国とも官の強力な主導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく(財)自動車走行電子技術協会は平成10年度に引き続き、平成11年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました。本調査研究は、その事業の一環として「ITS車載システムアーキテクチャ(SA)の応用研究」を実施するもので、平成10年度に構築した「ITS車載SA」をもとにして、情報系のアーキテクチャ(インフォーメーションアーキテクチャ)を構築し、情報提供サービスの標準化の枠組みを研究するものであります

日本では、カーナビゲーションシステム約500万台、VICS約163万台(平成11年末累計)の普及を背景に、自動車メーカによる情報提供サービスがビジネスとして活発化している。しかしながら、これら現状のサービスでは、同様なコンテンツに対し、個別のプロバイダが個別のデータ構造や通信プロトコルを用いてシステムを構築しているため、システム構築・運用に大きな費用がかかるという問題があり、早急な解決が望まれてきた

成長が期待されている車載システムへの情報提供サービスを、一層便利で効率的な事業として発展させるために、ITS車載システムアーキテクチャ(以降、車載SA)に基づいて情報系のシステムアーキテクチャを構築し、次世代の情報提供のあり方の研究を行う。また、国際的な視野で標準化の方向性を検討するための領域を示し、標準化検討作業を支援する

(財)自動車走行電子技術協会が平成10年度に開発した車載SAに基づき、ビジネスの視点で詳細化した情報系のアーキテクチャをIAと定義する。本研究では、各サブサービス毎に以下の3種の図表を用いてIAを表現する。
(1)物理詳細個別モデル
(2)ビジネス情報フローモデル
(3)個別情報一覧表

本研究では以下のステップにより、IAの開発を行う。今年度は、車載SAで研究構築されたITSサービス・サブサービスの2003年、2008年、2018年のモデルの中で、以下の領域を対象としてIAを構築する。
 サービス対象者:一般利用者
 通信パス:広域無線通信及び放送
 想定時期:2003年モデル(サブサービスによっては2008、2018年モデル)

なお、他の領域については本年度の成果に基づき来年度、研究開発に取り組むこととした。また「Step3:標準化領域の検討」までを本年度の取り組みとし、「標準化要求仕様の検討」は今後の課題とする

1.はじめに
2.IA構築概要
3.モバイル情報サービスの現状と動向
4.モバイル情報の抽出
5.IA構築技法
6.物理詳細個別モデルとビジネス情報フローモデル
7.標準化の検討
8.まとめ