インフォメーションアーキテクチャの構築報告書

平成8年7月に策定された「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、環境との調和を図りつつ道路交通を一層安全・快適・効率的なものにし、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、その実現に向けて関係省庁が協力して推進することが合意されています。 ITSは、公共的機能を基礎に民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。また、現在ISOではTC204において、ITS関連技術についての国際規格化活動が鋭意進められています。このため、各国とも行政の強力な指導によって、標準化活動が進められています

(財)自動車走行電子技術協会が、平成9年度より経済産業省の委託を受け実施している「ITSの規格化事業」は、我が国のTC204を主体とするITS関連技術の国際規格化対応活動を支援するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うことにより、国際規格化活動における我が国の発言力を更に向上させ、全体構想の円滑、効率的な実現を図ると共に、ITS関連産業の発展を期することを目的としています。その一環として平成11年度に引き続いて実施した本調査研究は、ITS車載システムアーキテクチャに基づいて、モバイル情報提供サービスの標準化と活性化に向けた調査研究を行ったものです

日本では、カーナビゲーションシステムの普及を背景に、自動車メーカーによる情報提供サービスがビジネスとして活発化してきている。しかしながら、これら現状のサービスでは、同様なコンテンツに対し、個別のプロバイダが個別のデータ構造や通信プロトコルを用いてシステムを構築しているため、システム構築・運用に大きな費用がかかるという問題があり、早急な解決が望まれてきた。そこで(財)自動車走行電子技術協会(以下、自走協)では車載システムへの情報提供サービスをいっそう便利で効率的な事業として発展させるために、情報系のシステムアーキテクチャの構築と次世代の情報提供サービスのありかたの研究に着手した。(平成11年度より)

平成11年度の活動成果を踏まえ、次世代(IMT2000が普及する時期を想定)の車載システムへの情報提供サービスを事業として早期に拡大させるために、関連するITSサービスに対して代表的なアプリケーションを詳細化し、ユーザにとって魅力的なサービスのありかたについて調査研究を行う。また関連団体と連携しサービス実現に向けた標準化項目を検討することにより、効率的な事業の拡大を支援する。  自走協では平成10年度に車載システムアーキテクチャ(以下、車載SA)を完成させており、平成11年度はこの車載SAに基づいて、ビジネスの観点から情報の体系化(情報の分類、情報フローの明確化、ビジネスパターンの抽出)を行うことにより、ビジネスとして成立させるために標準化すべき候補領域を明らかにした

平成12年度は、平成11年度の研究成果をもとに標準化の検討手順を構築し、以下の手順で研究を行う。
(1)代表アプリケーションの設定
(2)代表アプリケーションの詳細化
(3)関連団体における標準化動向調査
(4)標準化項目の検討

平成12年度の活動は、平成11年度から開始したインフォメーションアーキテクチャ(以下、IA)開発の研究成果を実サービス開発に展開していくための手法の検証と位置づけて、検討対象を平成11年度の16サブサービスから新規サービス事業として具現化が想定されるアプリケーションに絞り込み、研究を行う

第1章 はじめに
第2章 システムアーキテクチャ(SA)を活用した標準化検討手順
第3章 IA代表アプリケーション
第4章 IA代表アプリケーションに関するユーザニーズ調査
第5章 IA代表アプリケーションの詳細化
第6章 標準化項目の抽出と規格化への方向
第7章 まとめ