インフォメーションアーキテクチャの構築
【マルチモーダル利用支援サービスのIA構築のための調査研究】報告書

平成8年7月に策定された「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、環境との調和を図りつつ道路交通を一層安全・快適・効率的なものにし、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、その実現に向けて関係省庁が協力して推進することが合意されています。 ITSは、公共的機能を基礎に民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。また、現在ISOではTC204において、ITS関連技術についての国際規格化活動が鋭意進められています。このため、各国とも行政の強力な指導によって、標準化活動が進められています

(財)自動車走行電子技術協会が、平成9年度より経済産業省の委託を受け実施している「ITSの規格化事業」は、我が国のTC204を主体とするITS関連技術の国際規格化対応活動を支援するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うことにより、国際規格化活動における我が国の発言力を更に向上させ、全体構想の円滑、効率的な実現を図ると共に、ITS関連産業の発展を期することを目的としています。その一環として、平成11年度よりインフォメーションアーキテクチャ(IA)の構築によるモバイル情報提供サービスの標準化と活性化に向けた調査研究を行っておりますが、平成12年度はマルチモーダル利用支援サービスにもその範囲を拡大し、IA構築に必要となるバス輸送の情報化の進展状況について、その現状と標準化動向について調査研究を実施致しました

(財)自動車走行電子技術協会(以下、自走協)は経済産業省の委託を受けて、ITS技術の規格化を支援し促進するための事業を実施しており、その一環として平成11年度より一般ドライバー向けの旅行者情報提供サービスに関するインフォメーションアーキテクチャを構築し標準化の検討を行っている。一方、近年の情報化の飛躍的進展は、公共交通の分野にも多大なる影響をもたらし始めており、バス輸送事業においても、事業者が情報化を基盤とした顧客サービスとして、利用者に対する各種情報提供サービスやデマンドバスの導入等、新たな展開をしつつあり、それらの情報の活用により車載システムに対する情報提供サービスがさらに充実するものと思われる

本研究は、マルチモーダル利用支援サービスの標準化検討、車載システムに対する情報提供サービスの充実に資することを狙いとして、IAの検討範囲を公共交通機関の旅行者情報に拡大するために必要となるバス輸送事業の情報化に関する調査研究を行う

以下の手順で、バス輸送事業における各種情報提供サービスの現状を把握し、マルチモーダル利用支援サービスとしてのバス輸送事業の情報化の標準化動向、及び課題についての整理を行う。
<1> 情報提供サービスの現況把握
<2> 標準化動向の分析と標準化課題の抽出

第1章 はじめに
 1.1 研究の背景
 1.2 研究の目的
 1.3 研究の概要
 1.4 インフォメーションアーキテクチャ(IA)とは
 1.5 マルチモーダル利用支援サービスのIA
第2章 バス利用者向け情報提供サービスの現状
 2.1 調査の概要
 2.2 調査結果
 2.3 調査のまとめ
第3章 情報提供サービスに関わる標準化動向
 3.1 バス利用者向け情報提供サービスの標準化について
 3.2 ISO/TC204/WG8の動向
 3.3 国内における情報サービス関連の標準化動向
 3.4 関連する情報サービスの標準化動向
 3.5 セキュリティに関わる動向
 3.6 バス利用者向け情報提供サービスの標準化の課題
第4章 まとめ
 4.1 バス利用者向け情報提供サービスのまとめ
 4.2 情報提供サービスに関する標準化のまとめ