ITSベンチマークモデルカーの研究 ITS車載システムアーキテクチャの拡充
【複数車両共同利用支援サブサービスの追加】報告書

平成8年7月に策定された「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、環境との調和を図りつつ道路交通を一層安全・快適・効率的なものにし、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、その実現に向けて関係省庁が協力して推進することが合意されています。 ITSは、公共的機能を基礎に民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。また、現在ISOではTC204において、ITS関連技術についての国際規格化活動が鋭意進められています。このため、各国とも行政の強力な指導によって、標準化活動が進められています

(財)自動車走行電子技術協会が、平成9年度より経済産業省の委託を受け実施している「ITSの規格化事業」は、我が国のTC204を主体とするITS関連技術の国際規格化対応活動を支援するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うことにより、国際規格化活動における我が国の発言力を更に向上させ、全体構想の円滑、効率的な実現を図ると共に、ITS関連産業の発展を期することを目的としています。本調査研究は、今後ITS車載機器・システムの標準化の促進を図るための基盤情報となる「ITS車載システムアーキテクチャ(SA)」のメンテナンスの一環として、新たなサブサービス「複数車両共同利用支援」の追加を検討したものです

ITSにおけるシステムアーキテクチャ構築の意義は、ITSで実現すべき機能や開発分野で必要とされる機能を基本要素に分割整理し、それらの関連を明らかにすることによって基本要素単位や分野ごとに開発を進める際に機能的な相互連携を確保し、ITSの円滑、効率的な発展を目指すことにある

(財)自動車走行電子技術協会(JSK)は、日本のITSシステムアーキテクチャ構築の一端を担うとともに、車載システムに関する規格化活動における重点項目判断のための情報基盤を与える目的で、ITS車載システムアーキテクチャの研究を行い、1999年3月に完成させた。特徴として、日本のITSシステムアーキテクチャ同様、その構築にオブジェクト指向技法(Object Oriented Method)を全面採用している。世界で唯一、日本だけが採用しえているオブジェクト指向技法は、巨大で長期にわたって運用されるITSのシステムアーキテクチャには最も有効とされる

一方、JSKではITS関連システムとして電気自動車を用いた「共同利用システム」の検討と社会実験を行って来たが、ITS車載システムアーキテクチャの開発と同時期であったため、関連を持たないままにシステム開発が進められた。また、ITSや関連技術の進展に伴い、ITS車載システムアーキテクチャについても、現実のITS関連システムの視点による評価を行う必要が出てきた

そこで、上記共同利用システムのITS全体における客観的位置づけや、今後進むべき方向性を検討し、またITS車載システムアーキテクチャ構築にオブジェト指向技法を採用した効果を検証するために、ITS車載システムアーキテクチャと関係づけた研究を実施する必要があると考え、以下の2点を目的とする検討グループを発足させた

<1>ITS車載システムアーキテクチャを参照し、「共同利用システム」に関連するサービスを抽出し、そのシステムアーキテクチャを構築する。
<2>ITS車載システムアーキテクチャをITS関連実システム「共同利用システム」で検証・評価し、現実のシステムのアーキテクチャ構築に十分活用できるレベルまでの拡充に寄与する

基本的な考え方として、システムアーキテクチャは、その大枠は確固たるものであるべきだが、同時に状況の変化に対しても対応できる仕組みを備えていなければならない。これは、ITSのような巨大かつ多分野を包含し、長期間活用されるシステムにおいては、特に重要となる。特に最近の技術進展の速さや、インターネットの普及に代表されるボーダレス世界の出現を見ると、今後ますますITSシステムアーキテクチャにはこの仕組みが重要になると予想される。よって、本研究では、現在メンテナンスの段階であるITS車載システムアーキテクチャに対し、変化に対応しやすいとして採用したオブジェクト指向技法の考え方を踏襲すると同時に、そのメリットを活かした効率的なメンテナンス手法の確立に貢献する1つの事例となることを目指して活動する

本研究活動は、「共同利用システム」そのもののシステムアーキテクチャを構築することを目的とするものではない。本研究で参照するITS車載システムアーキテクチャは、日本のITSシステムアーキテクチャと同様に、ITSにおけるさまざまなニーズを分類し、できるだけ重複を省いた形で、45のサブサービスに体系化したものであり、どのサブサービスも単独で現実のシステムが成り立つことを目的としてまとめたものではない。ITS車載システムアーキテクチャの目指すところは、その各サブサービスや方式の組み合せにより、現実のITS関連システムのシステムアーキテクチャが表現でき、新しいITS関連システムの開発に寄与することを理想とするものである

本研究活動の目指すところを具体的に詳細化すると、以下の3点となる。
<1>現実のITS関連システムである「共同利用システム」より、現在のITS車載システムアーキテクチャでは表現されていないサービスを抽出し、そのシステムアーキテクチャを構築することにより、ITS車載システムアーキテクチャの拡充を図る。
<2>システムアーキテクチャ構築にオブジェクト指向技法を採用した効果を、活動実績をもとに検証する。
<3>ITS車載システムアーキテクチャの拡充プロセスおよび、ITS車載システムアーキテクチャを活用したITS関連プロジェクトのシステムアーキテクチャ構築プロセスの確立に寄与する

第1章 はじめに
 1.1 背景と目的
 1.2 基本的考え方
第2章 研究概要
 2.1 前提条件と準備
 2.2 開発の流れ
 2.3 システムアーキテクチャの開発と拡充
第3章 システムアーキテクチャの開発
 3.1 全体構成
 3.2 ユースケース
 3.3 論理アーキテクチャ
 3.4 方式モデル
 3.5 物理モデル
第4章 まとめと知見
 4.1 ITSシステムアーキテクチャに関する考えかた
 4.2 研究の成果
 4.3 今後の展望