−ITS車載システムアーキテクチャの活用に関する調査研究−
【ITS車載システムアーキテクチャの普及およびメンテナンスに関する研究】報告書

平成8年7月に策定された「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、環境との調和を図りつつ道路交通を一層安全・快適・効率的なものにし、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、その実現に向けて関係省庁が協力して推進することが合意されています。 ITSは、公共的機能を基礎に民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。また、現在ISOではTC204において、ITS関連技術についての国際規格化活動が鋭意進められています。このため、各国とも行政の強力な指導によって、標準化活動が進められています

(財)自動車走行電子技術協会が、平成9年度より経済産業省の委託を受け実施している「ITSの規格化事業」は、我が国のTC204を主体とするITS関連技術の国際規格化対応活動を支援するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うことにより、国際規格化活動における我が国の発言力を更に向上させ、全体構想の円滑、効率的な実現を図ると共に、ITS関連産業の発展を期することを目的としています

この事業の一環として、ITS各システムの相互運用性を将来にわたって確保しITSの発展を図るべく、平成10年度にはITS車載システムアーキテクチャ(SA)を構築しました。ITS関連技術の標準化を促進し、ITS各システムの相互運用性を確保するためには、車載SAを広くITS関係者に普及させ、活用を促進する必要があります。また、情報・通信分野をはじめとするめざましい技術進歩に対応し、車載SAを常に利用可能な状態に保つためには、継続的にメンテナンスを実施していく必要があります。このため、当協会では(財)日本自動車研究所に再委託し、車載SAの普及、活用方法に関する研究を実施すると共に、車載SAのメンテナンスを実施致しました

平成10年度に完成したITS車載システムアーキテクチャ(以後車載SAと呼ぶ)は、高度道路交通システム(ITS)のすべての分野のサービス、技術を俯瞰して作成されている。そのためこれを活用することにより、システム開発や標準化をより効率的に進めることを可能としている。車載SAを開発した目的は、以下の3点である。
・標準化:ITSを体系的に捉えて、標準化すべきポイント抽出する。
・実配備:開発手順や優先度を明確にし、重複投資を避けた開発・配備の効率化を図る。
・課題抽出:大規模システムとしてのITSが抱える問題や課題を抽出する

上記項目のうち、標準化については、(財)自動車走行電子技術協会(以後「JSK」と呼ぶ)における各種のプロジェクトにおいて応用研究が実施されている(報告書S99およびJ99)。今後は、標準化への適用を進めるだけでなく、実配備への応用やそこで生じる課題を車載SAおよびその応用研究成果に適切に反映させてゆくことが、課題と考えられる

車載SAは、平成10年度までに構築を完了し、現在はこれをもとにしたさまざまな応用研究(ITS規格化S99−1〜3、J99−11)が実施されている。今後は、これに加え、車載SA完成後の新しい技術・方式の進展および、他のSAとの比較検討の結果を反映させ、車載SAを常に利用可能な状態に維持することが必要になってくる。特に、車載SAはその対象として近年技術進展がめざましい情報・通信分野を含むことから、これらを考慮したメンテナンスは車載SAを常に利用できる状態に維持するためには不可欠であると考えられる。また、車載SAの有用性を広く紹介するなど、標準化だけでなくITS関連業界の発展に寄与させるための普及のありかたに関する検討も必要になってくる。平成12年度の活動は、メンテナンスと活用手法の研究を目的とした研修会の実施により構成される。これらの活動により、車載SAを実システムに関係するさまざまな業務に活用できるようにし、ひいては実際のプロジェクトの評価や将来進むべき方向性を、客観的に把握できるようにするための足がかりとなることを目指す

本研究では、車載SAの普及・メンテナンスを進めるために以下の項目について検討した。
・車載SA完成後の技術・方式の進展および、他のSAとの比較検討結果の反映
・活用手法研修会の開催による関係団体、企業における活用事例の紹介
・各方面の専門家により構成された審議会による車載SAメンテナンス体制の確立
・車載SAのメンテナンスの実施

これらを実施するにあたり、専門家で構成された車載SAメンテナンス審議会を組織し、今年度の実施内容についての審議のみならず、今後の車載SAのメンテナンス、普及活動に関する議論をしていただいた。また、活用手法研修会においては、車載SAの活用事例の紹介のほか、受講者へのアンケートによる意見聴取を行い、今後のメンテナンス項目選定の参考にした。また、活用手法研修会の実施を通して、より効果的な普及方法を構築することを目指した。さらにこれらの普及方法の研究を補うために、日本に先駆けてITSに関するシステムアーキテクチャを構築した米国で実施されている講習会に参加した

第1章 はじめに
 1.1 研究の背景
 1.2 研究の目的
 1.3 今年度の活動概要
 1.4 普及・メンテナンスの現状
第2章 メンテナンスに関する研究
 2.1 メンテナンスの目的
 2.2 メンテナンスの方法
 2.3 メンテナンスの実施結果
第3章 普及・活用手法に関する研究
 3.1 研究の目的
 3.2 活用手法研修会
 3.3 活用手法研修会の実施内容
 3.4 米国ナショナルアーキテクチャ講習会
第4章 まとめ
 4.1 今年度の成果
 4.2 今後の課題