ITS 実配備に関する情報基盤整備(ITS データの管理方法に関する研究)
【交通輸送関連データの流通基盤に関する調査研究】報告書

ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通情報システム)は、情報通信技術等を用いることにより、安全性、効率、快適性の向上などモビリティの飛躍的向上に資するばかりでなく、交通事故や交通渋滞、環境・エネルギー問題等、現代の交通社会が抱える課題を解決するための有効なツールとしても期待されている。ITS の各種サービスが次第に実配備される段階になってきたのに対応し、ITS を活用し様々な情報収集を行うことにより、得られたデータを交通調査に活用する可能性が指摘されている。ITS によって得られるデータは、従来の人手を中心とした調査に比べはるかに高密度、高頻度であり、また、これまでは収集不可能と考えられていたデータについても新たに収集可能となりうる

特に、近年実用化に向けて研究開発が進められているプローブ情報システムについては、移動中の自動車によって得られるさまざまな情報を連続的に収集、提供するシステムであることから、これまで技術的に把握不可能とされていた情報が把握できる可能性を秘めたものとして注目されている。しかし、プローブ情報システムで収集されるデータの量は膨大であり、データの必要性を慎重に吟味しないと、不必要なデータを無駄に蓄積することとなるばかりでなく、逆に必要なデータを蓄積せずに捨ててしまうことも考えられる

本研究は、プローブ情報等ITS によって新たに得られるデータの有用性について、既存の交通調査との比較を通じて検討するとともに、必要となるデータの洗い出し、プローブ情報等新規データの管理方法について検討することを目的とする

第1章 はじめに
 1.1 研究の背景
 1.2 研究の目的
 1.3 研究の概要

第2章 既存の交通輸送関連調査データの整理
 2.1 既存の交通輸送関連調査データ
 2.2 既存の交通輸送関連調査データの問題点
 2.3 既存調査の項目と活用可能なITS 情報の整理

第3章 情報に対する新たなニーズの整理
 3.1 利用者に示すパフォーマンス指標
 3.2 施政者・研究者にとって必要な情報・施策
 3.3 既存調査の有効活用
 3.4 情報提供手段としてのIT 活用

第4章 プローブ情報等の活用可能性と管理方法のあり方
 4.1 プローブ情報等の活用可能性
 4.2 情報の管理のあり方

第5章 まとめ

参考資料