−ITS 実配備に関する情報基盤整備−
【データレジストリに関する調査研究】
データモデルの作成に関する調査研究

ITS には多様な開発分野、サービス分野が存在し、しかもこれら分野は共通の事物(例えば、道路、車両、交通状況)を扱う総合的な体系になっている。そのため、各部分の関係の把握、整合的構成、相互運用性を向上させるための取り組みが必須であり、その基盤としてのデータの共有化促進が極めて重要である

このため、ISO/TC 204/WG 1 では、ITS データ定義情報を一元管理する際の情報構造や運営方法について規定する規格の開発に取り組み、2002 年12 月にはISO14817「ITS中央データレジストリとデータ辞書の要件」が発行された

これと並行して、ITS の個別アプリケーション分野の標準化活動においても、それぞれの分野でのデータ辞書やメッセージの標準化が進行しており、データレジストリで一元管理されるべき各種データ型の定義情報が作成されている。例えば、ISO/TC204/WG 9 では道路交通管理分野のデータ定義を標準化しようとしている

WG9 では従来からWG1 と連携してデータモデリングの手法を研究、その内容をISO14817 に反映してきている。国際規格の内容がほぼ確定した昨年度後半からは、ISO14817 に準拠してデータ定義を作成するためのデータモデリングの事例研究を各国で分担して進めているが、WG1 で規定した方法論に則ったデータ定義作成・利用方法(データモデリング手法)が確立しておらず、また実際にデータモデルの作成を経験した者が少なく、具体的な作業があまり進んでいない状況であった。本研究開発は日本からデータモデルの具体的な事例を提示してこの作業を加速させる活動に寄与するものである

データの共有化を促進する上で重要な役割を担うデータモデリングの手法に関して、交通管理分野ISO/TC 204/WG 9)の一つの機能を取りあげて具体的なデータモデルを作成する事例研究を行う。これによって、データモデルの構成方法、作成手順、およびUML を中心とするモデル記述言語の使用法などに関する知見を得て、国際規格に準拠した標準データを作成するためのデータモデル作成手引きの試案をまとめる

ITS のサービスの整合性を確立するためには、いくつかの領域での標準化が行わなければならないが、データモデリングはそのうちのデータ定義の共有化に関するものである。データモデルは、WG 1 において検討されているデータレジストリに登録するデータ定義の作成、CORBA などの分散オブジェクト技術でデータ定義を利用するために使われる

第1章 はじめに
 1.1 調査研究の背景と目的
 1.2 調査研究の位置付けと概要
 1.3 調査研究の方法

第2章 事例研究対象のスコープ

第3章 作成したデータモデル
 3.1 サブシステムの説明
 3.2 ユースケース図
 3.3 アクタの説明
 3.4 ユースケースの説明  3.5 クラス図
 3.6 個々のクラスの説明
 3.7 各種クラスに共通に現れるデータ構造
 3.8 シーケンス例
 3.9 データコンセプトの抽出

第4章 データモデル作成手引き(試案)
 4.1 データモデルの構成方法
 4.2 データモデリングの手順

付録A 業務シナリオ分析分担設定
付録B 業務シナリオ分析書ワークシート
付録C 業務シナリオ分析書1 次案
付録D 業務シナリオ分析書2 次案
付録E データフロー分析