ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究
【車車間通信システムの標準化に関する調査研究】

●背景・目標

JARI・ITSセンターでは平成14年度に「車車間通信システムの標準化に関わる調査研究」プロジェクトを立ち上げ、これまで旧JSKの活動で得られた知見を生かして車車間通信プロトコルの標準化検討に必要なデータの取得と整備を行っている。平成15年度の活動としては、海外で活発になっている車車間通信研究の状況を睨みつつ、国内の関連機関と連携を図りながら、通信プロトコル標準化検討のための実験を行うことを中心にプロジェクトを継続する。

H15年度の実施目標は以下のとおりである。
(1)  車車間通信標準化の検討の枠組みを与える「車車間通信コンセプト/リファレンスモデル」完成させる。(社団法人・電子情報通信学会に委託)
(2)  昨年度の成果を踏まえて、車車間が利用される代表的なシーン(今年度はASVでも取り上げている市街地交差点での車車間通信の利用)を想定し、情報伝達の信頼性を確認する。
(3)  欧米の標準化の動向については、提案の背景も含めて情報の入手に努める。

●成果

(1)  車車間通信コンセプト/リファレンスモデルの構築
(社)昨年度に引き続いて(社)電子情報通信学会に委託して検討を継続し、車車間通信の定義、分類、リクワイアメントの整理の基準、通信プロトコルとの関連を明らかにするモデルを構築した。さらにリファインを行なってISOへの提案も図って行く。

(2)  安全運転支援サービスに向けた5.8GHz車車間通信の信頼性検証
つくばJARI構内にて、交差点見通し不良域における通信実験をを行った。遮蔽車両有無、アンテナ種類(無指向、指向)をパラメータとして電界強度、ビットエラーレート、パケットエラーレートのデータを収集した。

今年度の実験はASV、IVC(ITS情報通信システム推進会議/車々間通信専門委員会)との合同で実施することとなり、ASVは台車を使った電波の伝播実験、JARIは車両を使った実験を行った。実験フィールドが共通であり、実験項目も一部共通であることから、互いのデータ比較も可能である。これまで個別に活動していたそれぞれの組織が合同で実験計画を作成し、協力して実験を行い、データを共用することは画期的であり、今後もこうした連携を図ってゆきたい。実験の詳細な分析はH16年度に持ち越されるが、以下の方向性がみえている。

・見通し外の通信に5.8GHzを用いる優位性があるか、規制その他も含めて総合的に検討する必要がある。なお、ASVでは低い周波数も実験しており5.8GHz帯周波数と技術的な比較は行える。
・電波を高い信頼性で捉まえる手段を確立する必要がある。

(3) 海外の研究動向調査と情報交換ネットワークの構築
海外における車車間通信への期待は予想以上であり、特に欧州では、安全性の向上に関して車車間通信が大きく取り上げられる可能性がある。車車間通信に関して米国のVSCC、あるいは欧州(ドイツ)のV-Vフォーラムに対応した検討組織が日本にも必要と思われる。