ITS自動決済システム実証実験
−ITS自動決済標準化システムの試験方法に関する調査研究−
【ITS自動決済システムの適用可能性に関する調査】

1.背景
 DSRC応用サービスの普及を目的として、平成14年度からDSRCを利用したモバイル決済(ITS自動決済)システムの標準化に取り組んできたが、決済システムは社会に与える影響が大きく、実用化にあたりまず社会実験を実施して、標準化案の検証および評価を行うことが求められている。

2.目的
 これまでに策定してきたITS自動決済システムの標準化案について、平成17年3月から開催される愛・地球博の会場およびその周辺地を実フィールドとした実用化実験を実施することにより、その妥当性や有効性に関する検証と、事業者や利用者の視点にたった評価を行う。

3.本年度の成果
 1)ITS世界会議名古屋・愛知2004における予備実験の実施
DSRC応用サービスの具体的な姿の提示と、愛・地球博での実用化実験の課題抽出を目的として、ITS世界会議名古屋・愛知2004開催中に予備実験を行った。
 2)ITS自動決済システムの路側機設置
  (1) ICクレジットカードサービス駐車場17ヶ所に路側機34基、
  (2) 入出庫サービス駐車場2ヶ所に路側機6基
を設置した。
 また、路側機設置に伴い、ICクレジットカードサービス駐車場では2種類のDSRC車載器との間で、入出庫サービス駐車場では各社製ETC車載器との間で相互接続性の確認を実施し、平成17年3月25日から運用を開始した。
 3)評価項目と評価方法の検討
 ITS自動決済システム実証実験の評価項目と評価方法の検討を実施し、来年度の本格実用化実験の準備を行った。

4.来年度の実施予定項目
 1)利用者(モニター)の受容性確認
 駐車場の一般利用者の中からモニターを募り、アンケート調査を通じて、利用者の受容性やシステムの改善点等を把握する。
 2)事業者の受容性確認
 実験対象駐車場19ヶ所の事業者に対して、アンケートやヒヤリング調査等を実施し、事業者の受容性やシステムの改善点等を把握する。
 3)駐車場の提携店割引サービスへの対応など利用者ニーズに即した展開の検討
 提携店割引サービスについては、一部の駐車場への導入を検討する。
 4)駐車場以外(サービスステーション等)への適用可能性検討
 自動車利用の各場面に適用できる汎用的なITS自動決済システムとするため、駐車場以外での実証実験を検討し実施する。
 5)検証結果のITS規格化事業へのフィードバック
 DSRC普及促進検討会等との連携、他機関での検討との整合性確保や情報提供等により、汎用的なITS自動決済システムとするための活動を行う。