ISO/TC204関連の国内活動

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。 また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を拡充するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度に引き続き、平成10年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

本業務は、ITS技術の国際標準化に関する我が国の国際活動を強化するため、TC204関連の国内及び国際会議対応を支援するとともに、TC204に関する活動を一層実効的にするためのデータベース情報管理等を行うため、上記事業の一環として「平成10年度ITSの規格化事業(ISO/TC204国内、国際活動関連対応と物流情報化関連等現状調査)」を、(社)自動車技術会に再委託し、下記活動を実施致しました。
1.ISO/TC204国内、国際活動関連対応
2.物流・インターモーダル輸送等の標準化とTC204の関連についての調査

本報告書は、上記の「ISO/TC204国内、国際活動関連対応」の活動内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)は車と道路、車と車との間の移動通信技術であり、自動車、道路・情報通信インフラ、物流・交通管理・情報サービスなどの様々な産業分野に関連しており、高度情報通信社会、マルチメディア社会といわれる21世紀における車を中心とするモバイルマルチメディアとして位置づけられる分野である。このためITSのシステムは国際的な互換性のあるシステムを構築して行くことが必要であり、ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)においてはITSの規格化を行うTC204/TICS(Transport Information and Control Systems/車両交通情報制御システム)が1992年に設立され、14のWG (Working Group) による標準化への取り組みが行われているが、ISO/JTC1におけるリエンジニアリングの動きに対応してTC204においてもワーキンググループの構成や作業課題の見直し等が行われている

各国においてもISO/TC204への対応のための国内活動が活発に行われている。米国においてはCSO(Council of Standards Organizations:米国標準化委員会)の中で5つの標準開発団体により政府(アメリカ運輸省)の助成金による規格化の作業が進められており、システムアーキテクチャーや物流・公共交通システム等などの基幹技術におけるグローバルスタンダードの作成に積極的な対応が行われている

欧州においてはCEN/TC278(欧州標準化委員会/道路輸送・交通テレマティックス技術委員会)がISOより早く1990年から標準化対応活動を開始しているが、デジタル放送、デジタル画像技術、セルラー電話等を利用した実用的な交通情報システムやサービスへの迅速な対応が行われている。我が国においてはカーナビやVICSシステム等が世界に先駆けて実用化されたが、WTO/TBT (World Trade Organization/Technical Barrier to Trade) 協定が1995年1月に発効したことにより、機器およびシステムの技術的規格が貿易における重要な問題となってきていることからデジュールスタンダードの作成への参加の必要性への認識が強まってきており、ITS分野においてはISO/TC204における地図データベース、走行制御、自動料金収受、システムアーキテクチャー、狭域通信、ナビ経路誘導等の分野において国際標準の作成に積極的に貢献を行っている

  このような状況を踏まえて国としてはITS規格化対応策について様々な施策を行っているが、平成10年度は通商産業省が財団法人・自動車走行電子技術協会に委託した「ITSの規格化事業」の一環として、ISO/TC204への国内対応機関である「ISO/TC204国内委員会」が行う活動として「ITSの規格化事業(ISO/TC204国内・国際活動関連対応および物流情報化関連等の現状調査)」を社団法人・自動車技術会に再委託し実施したものである

第I部 ISO/TC204国際会議対応と国内活動

TC204の活動は、発足以来6年が経過し、現在では50項目余りの作業項目を有するまでになった。特に今年度は、ビデオイメージデータの活用方法に関する標準化項目及び地上波デジタル放送に関する新規標準化項目が提案されるなど、ITSに関わる標準化作業は依然として堅調な活動が続けられている。一方、WG13(HMI)においては、WG13で検討していた標準化項目3項目をTC22/SC13/WG8へ移管した措置にともないWG13を削除としたことや、標準化提案3件に対する5ヶ国の参加が集まらないことによるWG2の休止扱い、さらには標準化作業のニーズを掘り起こすためのWG6、7の規格化アンケート調査が実施されるなど、今後の活動の枠組みの検討を余儀なくされているWGもでている

このような事態をふまえ、TC204の幹事国である米国を中心に各国における標準化項目に関するアンケート調査が実施され、これらの結果やJTC1での手法等を取り入れながら大がかりなリエンジニアリングを実施することとしている

今年度は、リエンジニアリングの前段階として、標準化作業の日程を厳守することや、新規提案を了承する際は原則5ヶ国の参加を前提とすること、及び、ISOにおける新規文書(テクニカルレポート等)の採用などが検討、了承された

1章 ISO/TC204総会および国内委員会活動
2章 TC204国際WGおよび国内分科会活動
3章 投票への対応
4章 専門家会議報告

第II部 ITS標準化活動促進データベース情報管理

ISO/TC204関連情報データベースはITS技術およびISO/TC204活動の現状や動向に関する情報をデータベース化し、ISO/TC204規格化活動に参画しているメンバーに規格化関連の情報を提供するためのデータベース・システムとして、VERTIS(道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会)において構築を進めて来たものである。このデータベース・システムは平成9年4月よりデータの入力を行い、同年7月より試行運用としてISO/TC204関連の「国内組織(委員会名簿等)」「会議開催日程」「ISO/TC204ドキュメント」に関連する情報の提供を開始した。さらに、同年10月にこの試行運用についてのアンケート調査結果を行い、この結果をもとにシステムの改良、コンテンツの拡充、利用者範囲の拡大、運用方法の効率化等の整備・充実を行い、平成10年度から改良システムによる運用に移行した

平成10年度はVERTIS(道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会)の「データベース分科会」においてコンテンツの充実、システムの整備・運用方法の改善について引き続き検討を行い、ホームページ画面の変更を行った。