DSRC5.8GHz全二重アクティブ方式狭域通信技術調査報告

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を拡充するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実等を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は平成9年度に引き続き、平成10年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました。本業務は、その事業の一環として「平成10年度ITSの規格化事業(ISO/TC204〈WG15、16〉の国内、国際活動対応及びITS標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(社)日本電子機械工業会(EIAJ)に再委託し、下記活動を実施致しました

1.ISO/TC204(WG15、16)の国内および国際活動
2.ITS標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究
 ・TICSアプリケーションメッセージ構造の調査研究
 ・DSRCリソースマネージャーの調査研究
3.DSRC5.8GHz全二重アクティブ方式狭域通信技術調査

本報告書は、上記の「DSRC5.8GHz全二重アクティブ方式狭域通信技術調査」の活動内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

DSRCとは、道路を走行する車両に関係した専用の移動体通信です。DSRCはITSにおける通信で重要な基盤技術の一つであり、ITSの目的とする道路・交通・車両の情報化に貢献します。DSRCは広義には車々間通信も含めますが、一般には道路を走行する車両と路側機との間で行う路車間通信をさします。路車間通信の種類にはスポット型、連続通信型と広域通信型があります。この中で現在スポット型のDSRCが国際標準の検討対象となっています

日本のITS構想による提供サービスの中で、DSRCのETCへの実用化開発が進んでいます。その他、DSRCは各アプリケーションの共通の通信手段として、その特長を生かした様々な応用が検討されています。この過程でアプリケーション毎にDSRCの仕様が異なると、仕様の異なる複数の路側機や車載器が複数必要になるため、DSRCの標準仕様は相互運用性のあるシステムを実現できるものであることが重要となります

1 はじめに(Introduction)
 1.1 DSRCとは何か?(What is DSRC?)
 1.2 ITSにおけるDSRCの位置付け(The Positioning of DSRC in ITS)
 1.3 DSRCの適用分野(DSRC Application Fields)
2 アクティブ方式のDSRC (Active System DSRC)
 2.1 アクティブ方式DSRCの特長(Active DSRC Characteristics)
 2.2 DSRCの構成(DSRC Configuration)
 2.3 通信プロトコル(Communication Protocol)
 2.4 情報伝送量(Transmission Information Capacity)
3 標準化の動向(Standardization Trends)
 3.1 国際標準化動向(International Standardization Trends)
 3.2 世界3地域の方式比較(DSRC Systems in Three Global Areas)
 3.3 日本の提案(Proposal from Japan)
 3.4 ITSの開発動向とDSRCの標準化(ITS Development Trends and DSRC Standardization)
4 終わりに(Conclusion)