ITS関連語彙集の整備【ITS標準用語集の整備】報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を拡充するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく(財)自動車走行電子技術協会は平成9年度に引き続き、平成10年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

本業務は、その事業の一環として「平成10年度ITSの規格化事業(ITSシステムアーキテクチャに関する海外の動向調査およびITS標準化活動基盤整備)」を、道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会(VERTIS)に再委託し、下記事業を実施致しました。
 1.ITSシステムアーキテクチャに関する海外の動向調査
 2.ITS標準化活動用データベースの充実と活用促進
 3.ITS関連語彙集の整備(ITS標準用語集の整備)
 4.ITS標準化広報パンフレットの作成

本報告書は、上記の「ITS関連語彙集の整備(ITS標準用語集の整備)」の活動内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

ITSはすでに、我が国でも世界でも着実に展開が進んでおり、各地で開発段階から実装段階へと進んでいる。また、ITSの応用範囲も着実に広がってきている。同時に、さまざまな開発や実装に整合性をもたせ、円滑な運用をはかるための標準化の活動も大きな進歩をとげつつある。しかしながら、ITSはもともと交通、道路、車両、通信など、さまざまな分野にまたがる広範囲な技術分野である。さらにその応用範囲の拡大や、環境の異なる地域への適用の進行とともに、ITSの基礎的な概念も微妙に変化しつつある。その全貌を把握することは安易ではなく、分野や活動領域ごとで展開されている各種の標準化活動なども、こうした領域や地域ごとの違いのために円滑に進むことが難しくなることも懸念される。このため、基礎的な概念に関する認識の整合性をとり、相互のコミュニケーションを明確化することで標準化に資するべく、なんらかの標準的な用語集の編纂が期待されるものである

そこで本調査では、国内のITS関連機関の標準化活動に貢献し、またISO/TC204/WG1への提案に利用するため、ITS関連用語集の収集、整備を行うとともに、ITSの機能定義などの共通化に必要な技術調査を行うことを目的とするものである。昨年度の調査においては、ツールTICS Viewの評価、ISO/TC204とアメリカ、日本のユーザサービス比較、そして我が国のITS関連主要団体で整備している用語集の検討の3つを実施した

1)TICS Viewの評価
2)ISO/TC204とアメリカ、日本のユーザサービス比較
3)我が国のITS関連主要団体の用語集検討

さらに我が国のITS関連主要団体で独自に編集・整備を行っている用語集を比較・分析し、こうした既存の用語集ごとに概念理解の差があるかどうか、そしてそれらがITS全体としての標準用語集の基盤になりうるかどうかを検討した

この結果、各用語集の間の重なりが比較的少なく、したがって用語集同士の定義などに大きな違いは見られないことが確認された。このため、こうした既存の用語集をベースにすることで、ITS全体としての標準用語集の基盤となるものが作成し得ることが確認された

本年度の調査では、昨年の調査結果を受けて、実際の用語集作成作業を行った。具体的には、昨年度に検討を行った各種の用語集をもとにして、以下の作業を行った:
<1>用語集の目的の整理
<2>用語集採録の方針と採録基準の明確化
<3>ITS関連主要団体の用語集への採録基準適用
<4>用語集素案の編纂
<5>問題点の検討

1.はじめに
 1.1 本調査研究の目的
 1.2 昨年度の成果と本年度の位置づけ
 1.3 本報告書の構成
2.用語集作成の目的
3.用語集作成の手法
 3.1 ベースとした用語集
 3.2 採録プロセス
4.今年度の成果
 4.1 成果概要
 4.2 成果の活用
5.まとめと今後の課題
 5.1 採録基準の課題
 5.2 作業上の課題
 5.3 組織体制の課題
 5.4 次年度以降の活動について
6.ITS関連用語集