ITS関連語彙集の拡充報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。 また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的な発展プロセスが構築されていく必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度以降引き続いて、経済産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

当協会は、上記事業の一環として「平成12年度ITSの規格化事業(ITS標準化活動用基盤情報の整備)」を道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会(VERTIS)に再委託し、下記の事業を実施致しました。

1.ITS関連語彙集の拡充
2.ITS標準化活動促進用データベース拡充
3.ITS標準化活動促進用広報パンフレットの作成
4.日本のシステムアーキテクチャとTICS参照アーキテクチャの比較

本報告書は、上記の「ITS関連語彙集の拡充」の活動内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

我が国におけるVICSの急速な普及や、世界的なETCの導入状況など、すでにITSは各地で発展をとげつつあり、技術的な検証段階から、実地運用、そしてユーザ受け入れや市場拡大へと焦点は徐々に推移しつつあるといえよう。こうした推移のなかで、さまざまな開発や実装に整合性をもたせ、円滑な運用をはかるためにITSの標準化は、ユーザの混乱を避け、市場の安定的な形成をはかる観点からもきわめて重要なものとなる

このようにITSの標準化はきわめて重要であるが、これを円滑に進めるためにはベースとなる概念や用語についてある程度の共通理解が必要となってくる。ITSはその性格上、交通、道路、車両、通信など、さまざまな分野にまたがっているが、標準化の関係者すべてがこうした多岐にわたる分野の専門知識を習熟するのは容易ではない。また実際に導入される地域ごとの制度や慣行に基づく違い、あるいは各国が重視するその応用範囲の差のために、ITSの基礎的な概念にも微妙な差異が生じている。このため、基礎的な概念に関する認識の整合性を取り、相互のコミュニケーションを明確化することで標準化に資するべく、平成10年度に「ITS関連語彙集の整備報告書」でITS標準語彙集の編纂を行っているが、今回新たに、ISO/TC204国際標準化組織が編纂、発行したISO/TR14814: 1999 (E) Transport Information and Control Systems-Glossary of Standard Terminologies for the TICS Sector(以下「TICS用語集」とする)を加えてITS語彙集の編纂を行うものである。本調査研究では平成10年度の成果であるITS関連語彙集をもとに、語彙の拡充と説明文の追加を行ったうえで取捨選択をおこない、成果物としての語彙集を作成している

「平成10年度のITS関連語彙集の整備」においてはJSK用語集、JSK車載アーキテクチャ用語集、ISO/ITS用語整理と解説(以下HIDO用語集とする)、UTMS用語集を母体としている。これらをベースにして、語彙集の対象と目的、語彙の採録基準を検討したうえで、実際に語彙の選定を行った。本年度の調査では、平成10年度の調査結果を受け、新たにISO/TC204国際標準化組織で編纂された「TICS用語集」を加えて平成10年度と同じく語彙の採録基準の見直し、TICS用語集の日本語化を行い基準に照らして語彙の選択を行った。語彙集としての目的や対象、および採録基準についてはほぼ平成10年度を踏襲するものとなっている。具体的には、平成10年度に検討を行った各種の用語集をもとにして、以下の作業を行っている。
<1>語彙集の目的の整理
<2>語彙集採録の方針と採録基準の明確化
<3>TICS用語集の日本語化および語彙の選定
<4>平成10年度のITS関連語彙集にTICS用語集からの選択結果を付加
<4>語彙集の編纂
<5>データベース化

1.はじめに
 1.1 本報告書の目的
 1.2 平成10年度の成果と本年度の位置づけ
 1.3 本報告書の構成
2.語彙集拡充の目的
3.語彙集拡充の手法
 3.1 ベースとした語彙集
 3.2 採録方法
4.データベース化
 4.1 ITS用語集データベース
5.成果
 5.1 成果概要
 5.2 成果の活用
6.今後の課題
 6.1 ベースとした用語集の課題
 6.2 作業上の課題
 6.3 組織体制の課題
7.まとめ
ITS関連語彙集