ITS関連語彙集

本調査研究では平成10年度の成果であるITS関連語彙集をもとに、語彙の拡充と説明文の追加を行ったうえで取捨選択をおこない、成果物としての語彙集を作成している。 「平成10年度のITS関連語彙集の整備」においてはJSK用語集、JSK車載アーキテクチャ用語集、ISO/ITS用語整理と解説(以下HIDO用語集とする)、UTMS用語集を母体としている。これらをベースにして、語彙集の対象と目的、語彙の採録基準を検討したうえで、実際に語彙の選定を行った

本年度の調査では、平成10年度の調査結果を受け、新たにISO/TC204国際標準化組織で編纂された「TICS用語集」を加えて平成10年度と同じく語彙の採録基準の見直し、TICS用語集の日本語化を行い基準に照らして語彙の選択を行った。語彙集としての目的や対象、および採録基準についてはほぼ平成10年度を踏襲するものとなっている。具体的には、平成10年度に検討を行った各種の用語集をもとにして、以下の作業を行っている。
 <1>語彙集の目的の整理
 <2>語彙集採録の方針と採録基準の明確化
 <3>TICS用語集の日本語化および語彙の選定
 <4>平成10年度のITS関連語彙集にTICS用語集からの選択結果を付加
 <4>語彙集の編纂
 <5>データベース化

1.はじめに
 1.1 本報告書の目的
 1.2 平成10年度の成果と本年度の位置づけ
 1.3 本報告書の構成
2.語彙集拡充の目的
3.語彙集拡充の手法
 3.1 ベースとした語彙集
 3.2 採録方法
4.データベース化
 4.1 ITS用語集データベース
5.成果
 5.1 成果概要
 5.2 成果の活用
6.今後の課題
 6.1 ベースとした用語集の課題
 6.2 作業上の課題
 6.3 組織体制の課題
7.まとめ
ITS関連語彙集