日本のシステムアーキテクチャとTICS参照アーキテクチャの比較報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的な発展プロセスが構築されていく必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります。

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度以降引き続いて、経済産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました。

当協会は、上記事業の一環として「平成12年度ITSの規格化事業(ITS標準化活動用基盤情報の整備)」を道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会(VERTIS)に再委託し、下記の事業を実施致しました。
1.ITS関連語彙集の拡充
2.ITS標準化活動促進用データベース拡充
3.ITS標準化活動促進用広報パンフレットの作成
4.日本のシステムアーキテクチャとTICS参照アーキテクチャの比較

本報告書は平成11年11月ITS関係五省庁(警察庁、通商産業省、運輸省、郵政省、建設省)により策定された「ITSに係るシステムアーキテクチャ」(以下、日本のアーキテクチャ)とTICS参照アーキテクチャの比較を行い、国際標準化のための基礎情報として整備することにより、TC204の活動における我が国の国際活動の強化および国際的な発言力の向上等に資することを目的としている。なお、TICS (Transport Information and Control Systems) とは、ISO/TC204において用いられている道路・交通・車両等のインテリジェント化を指し示す用語であり、日本の「高度道路交通システム」(ITS: Intellitent Transport Systems)に相当する。

本比較検討を行うにあたっては、「日本のアーキテクチャとTICS参照アーキテクチャ比較分科会」(本報告書冒頭に名簿を記載)を組織し、検討を行った。我が国では、「ITSに係るシステムアーキテクチャ」が平成11年11月に策定され、ISO/TC204では平成11年3月および平成12年3月に、「TICSセクターのための参照アーキテクチャ」(Transport Information and Control Systems-Reference Model Architecture (s) for the TICS Sector)(以下、TICS参照アーキテクチャ)がTR(Technigcal Report:技術文書)として発行された。このTRは全体で6パート(TR参照番号ISO/TR14813-1〜6)からなるが、本報告書では、主にアーキテクチャ策定にあたって特に重要と思われる下記の3つの観点より両アーキテクチャの比較を行った。
<1>記述要件
<2>ユーザーサービス
<3>コア参照アーキテクチャ

本調査では、日本のアーキテクチャとTICS参照アーキテクチャの比較にあたり、上記の3つの観点が特に重点的に記述されている以下の3パートを対象資料とした。
パート1:TICS基本サービス(ISO/TR14813-1)
パート2:コアTICS参照アーキテクチャ(ISO/TR14813-2)
パート5:TICS規格におけるアーキテクチャ記述要件(ISO/TR14813-5)

1.はじめに
2.両アーキテクチャの位置付けの明確化
3.記述要件の比較
4.ユーザーサービスに関する比較
5.コアTICS参照アーキテクチャに関する比較
6.比較総括