−ITS 標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究−
中広域通信アプリケーションの調査研究

ITS(Intelligent Transport Systems: 高度道路交通システム)の国際標準化を行うために、ISO(International Organization for Standardization: 国際標準化機構)にTC204 が設立され、その下に分野別のWG が組織された。このうちWG16 は、ITS 関連アプリケーションを提供するサービスセンターとユーザ端末間で活用される広域通信システムを検討対象領域としている。国内では、ITS 標準化委員会の下に組織された「広域通信システム分科会」は(社)電子情報技術産業協会が引き受け団体となり運営され、ISO/TC204/WG16 のカウンターパートとしての活動を行っている

現在、WG16 では、1997 年10 月のベルリン会議において米国から提案されたワークアイテム「TICS Wide Area Communications: Message Protocol Structure」(NP15662:メッセージテンプレート)に加え、2000 年10 月のナポリ会議において英国から提案されたPWI(Preliminary Work Item) 「To investigate the Standardization requirements for medium and long range, high speed, Communications for broadcast, point-point, vehicle-vehicle, and vehicle-point in the ITS sector」(ITS アプリケーションに活用する中広域通信システムの要件調査)から派生した5 つのNP(New work item Proposal)と3つのPWI の審議が進められている。これら8 つのワークアイテムはCALM (Communication Air-interface Long and Medium range ) と称され、SWG16.1 として活動を行っている。CALM では、ISO/TC204/WG15 との差別化を図るため、通信ゾーンをDSRC(Dedicated Short Range Communications)よりも大きなものに設定するとともに、データレートも高速なものを目標にしている

一方、ITS における広域通信システムの活用は、IMT-2000、無線LAN 等の中広域かつ高速なメディアへと拡張しており、それに伴う新たなアプリケーションやビジネスモデルの展開が進みつつある

本調査研究は、上記の背景を踏まえ、ISO/TC204/WG16 の動向や関連する通信システムの標準化動向を整理するとともに、関係主体の標準化ニーズを取りまとめることで、CALM への対応を図ることを目的としている

第1章 調査研究の概要
 1.1 調査研究の背景と目的
 1.2 調査研究フロー
 1.3 調査研究検討の経緯

第2章 WG16 の標準化動向の把握
 2.1 WG16 国際会議での情報収集
 2.2 SWG16.1 での情報収集
 2.3 TF 最終レポート

第3章 ISO 以外における標準化動向の把握
 3.1 国内の標準化動向
 3.2 国外の標準化動向

第4章 関係主体に対する標準化ニーズ調査の実施
 4.1 ニーズ調査の方法
 4.2 ニーズ調査の結果

第5章 総括
 5.1 WG16 における位置づけ
 5.2 CALM の概要
 5.3 今後の課題

参考資料(WG16 国際会議議事概要)