ISO/TC204関連の国内および国際活動報告書2004

●事業の主旨

ITSの国際的互換システムの構築を目指して、 1992年にISO/TC204(車両交通情報制御システム)が設立され1993年からその活動が開始されている。このISO/TC204への対応のため、欧米においては活発な活動がなされているが、我が国においてもITSの各分野においてISO標準化活動へ積極的に参加しており、多くの成果を上げている。本事業は経済産業省が財団法人 日本自動車研究所(当初財団法人 自動車走行電子技術協会)へ委託した「ITSの規格化事業」の一環として、社団法人 自動車技術会へ再委託された「ITS標準化委員会活動関連対応等の支援及びITS標準化活動促進用データベース情報管理」事業である。

●事業の実施体制

平成12年12月に、ISO/TC204に関わる国内活動組織「ISO/TC204国内委員会」が、JIS等の国内規格も含めてITSに関わる標準化全般を取り扱う「ITS標準化委員会」に改組された。改組の主旨は、(1) 変動する標準化環境への迅速な対応、(2) 戦略に基づいた標準化作業の実施、(3) .JIS化作業の補助および(4) 情報発信の徹底の4つである。
改組されたITS標準化委員会の傘下には、下部に常設の調査研究委員会および技術委員会、必要に応じて設置されるITS・JIS原案作成委員会の三つの委員会がある。 調査研究委員会は、将来のITS標準化項目のフィージビリティスタディを目的とした調査研究の策定と実施に関する委員会である。
技術委員会はITS標準化活動を実務面で統括する委員会であり、その傘下にISO/TC204の各WGに対応した国内分科会、特定課題について検討するためのビジネスチーム、ISOの他のTC等とのリエゾン等が設置されている。ここで、各WG分科会では、毎年度複数回開催される国際会議に対応した活動がなされており、ドラフトの検討、コメントの作成、投票内容の検討などが、隔月あるいは毎月の分科会でなされている。さらに、日本から早急に標準化項目を提案することが望ましい分野については、実験や解析を伴う調査研究を実施し、対応分科会で計画検討、進捗管理、成果の評価とその活用を実施している。
ITS・JIS原案作成委員会は、平成12年度から新たに活動が開始された委員会であり、単年度活動として、平成12年度は5テーマに関するJIS原案作成委員会が設置されたが、その後該当テーマがないため設置されていない。

●事業の概要

平成15年度の本委託事業においては、ITS技術の国際標準化に関連する次の2項目を実施した。
(1) ITS標準化委員会活動関連対応等の支援
(2) ITS標準化活動促進用データベース情報管理

1.ISO/TC204国際会議対応と国内活動

1.1 ISO/TC204国際会議対応

長野総会(2003年6月5・6日)とウィーン総会(2003年10月13・14日)が開催され、両総会には、川嶋委員長を代表とする日本代表団が参加した。長野総会では、TC204事務局の交替、WG7.2の国際物流についてのMOU、TC204とTC22(自動車)との連携グループ、LBSに関するTC204とTC211(地理情報)との共同グループ、PWI採用内規の変更、WG関連、リエゾン関連、ISO/TC204事務局関連などについて審議された。
また、ウィーン総会では、TC204とTC22との連携グループ、TC204/WG3とTC211との連携、インタモーダル輸送のMOUに基づくTC154との連携、CALMに関するTC204とIEEEとの連携、WG関連、リエゾン関連、TC204事務局関連などについて審議された。
各WG、ワークショップなどの会議は、長野総会とウィーン総会と同時開催、または個別に開催され、多くの専門家が参加した。なお、日本がコンビーナをつとめるWGはWG3とWG14の2つである。

  1.2 国内活動

  平成15年度の各国内委員会開催状況は以下の通りである。まず、ITS標準化委員会を合計4回および技術委員会を6回開催した。また、これら以外に分科会、ビジネスチーム等も多数回開催され標準化項目の検討が積極的になされた。
平成15年度中におけるTC204における投票件数は合計22件であり、関係分科会で検討された後、技術委員会で審議され、日本としての回答をISO/TC204事務局およびISO中央事務局に送付した。なお、DIS投票は4件、FDIS投票は3件、国際規格発行は4件(WG3関連1件、WG10関連2件、WG11関連1件)であった。
 さらに、「ITS関連分野の関係者にISO/TC204の標準化の現状を説明し、対応策について検討する専門家会議」をWG10(デジタル放送、道路交通情報およびTPEG)とWG16(プローブ情報)について開催した。

2.ITS標準化活動促進用データベース情報管理

平成15年度では、平成14年度に引き続き、平成13年度に改変(従来のITS標準化データベースとISO/TC204データベースの統合)した「ITS標準化データベース」の内容の充実を図った。併せて「ITS標準化データベース」の利用促進と有効活用の観点から、
 (1)容易なアクセス、
 (2)利用者にあったコンテンツ、
 (3)ITS標準化委員会活動の広報機能、
 (4)タイムリーなコンテンツ更新、および
 (5)ITS標準化委員会関係者の情報の共有と交換の一層の支援
の5つの拡充方針を採用した。

平成15年度のITS標準化データベースの主な改変内容は、
 (1)サイト名称の簡略化(「ITSの標準化」)、
 (2)サイト入口の「ITS Japanの広報ホームページ」上への設置、
 (3)サイトマップの新設、
 (4)一般向けコンテンツと会員向けコンテンツの統合、
 (5)コンテンツ更新間隔の短縮、
 (6)ITS標準化委員会広報用ページの新設、および
 (7)ITS標準化委員会関係者用公開掲示板の新設
である。