ISO/TC204(WG15,WG16)等の国内及び国際活動対応

 ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)の円滑かつ確実な実用化のため、ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)の中のTC204(高度道路交通システム)においてITSの規格化に向けて標準化の取り組みが行われている。

 ISO/TC204/WG15(狭域通信分科会)及びWG16(広域通信分科会)については、(社)電子情報技術産業協会(以下JEITAと略す)が引き受け団体となり、国内関係機関の協力を得ながら、関係国際会議への専門家の派遣等を行い、我が国の意見反映等に努めている。

 経済産業省が、「ITSの規格化事業」を(財)日本自動車研究所(以下JARIと略す)へ委託して行っている活動の一環として、JEITAは、JARIから一部事業の再委託を受けて平成11年度から継続して実施している。
 このような経緯から平成17年度も引き続いて「ISO/TC204(WG15、16)等の国内及び国際活動対応」を、JARIから再委託を受け実施した。

(1)事業の実施体制及び概要
 JEITAでは、ISO/TC204(WG15及びWG16)の対応委員会であるITS技術標準化委員会に、狭域通信標準化グループ(WG15国内分科会)及び広域通信標準化グループ(WG16国内分科会)を設置し、平成17年度「ITSの規格化事業」国際標準化活動を実施した。

 実施委員会組織
  JEITA/ITS技術標準化委員会    (委員長:半場信宏)
  1.狭域通信標準化グループ(G)(WG15国内分科会):(主査:太刀川喜久男)
  2.広域通信標準化グループ(G)(WG16国内分科会):(主査:池田慶二) 
                
 現在、ISO/TC204(以下、TC204と略す)において、ITS関連技術についての国際標準化活動が鋭意進められている。
 本業務は、こうした背景の中で、ITS技術の国際標準化に関する我が国の国際活動を強化するため、TC204(WG15及びWG16)等関連の国内及び国際会議への対応を支援するとともに、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、かつ、着実な発展を促進するために、狭域通信及び広域通信に関連する標準化の推進を行った。

(2)狭域通信標準化G(WG15)
 WG15関係の国際標準化活動は、狭域通信標準化G(WG15国内分科会)が対応している。
 平成17年度は、日本がドラフト作成作業を引き受けているISO 15628(DSRC第7層)の編集保守、WG15国際会議開催の働きかけ、DSRC関連国際会議の出席、DSRC関連国際動向把握などを行なった。近年WG15国際会議の開催頻度が少なくなっているが、当Gの働きかけが功を奏し、H17年度末にWG15国際会議が開催される見通しとなった。

 またWG15に関係のある平成17年度の調査研究として、以下の2テーマの取り組みが行なわれたが、これらは(財)日本自動車研究所が主管し、狭域通信標準化Gの一部委員が参加した。
 テーマ1:「車車間通信システムの標準化に関する調査研究」
 テーマ2:「アプリケーションマネージメントの標準化に関する調査研究」

(3)広域通信標準化G(WG16)
 WG16関係の国内対応グループとなる「WG16国内分科会」の活動は、本受託事業の中心である「広域通信標準化G」が担っている。「広域通信標準化G」では、WG16に関連した、国内での標準化対応、関連する機関との調整、国際会議対応、日本発信の標準化検討などの活動を行っている。

 WG16の標準化提案や国際会議のリーダやエディタについて、日本が一部担当している。国内でも、関連分野や検討項目が多くなっており、国際会議対応や国内関連機関との調整をはじめとして、各方面での活発な活動が必要となり、本受託事業「広域通信標準化G」による検討体制に加え、テーマ別に専門的な検討作業を行う作業グループが活動中である。

 ・SWG16.0,SWG16.1,SWG16.2に対応して、広域通信領域における中広域通信の標準化:CALM(Communication Air-interfaces Long and Medium range)に関する具体的な検討作業を、「CALM検討委員会」にて行なった。
 ・広域通信領域におけるプローブ情報の標準化(SWG16.3)作業では、国際会議のリーダを日本が務めた。国内活動では、「プローブ情報に関する標準化検討グループ」にて、検討作業を行なった。
 ・プローブ関連では、プローブ情報サービスにおける個人情報の保護のための基本原則の標準化作業として、「プローブ個人情報保護に関する標準化検討G」が活動した。
 ・ITS無線通信機器へのアプリケーション搭載に関する外部インタフェース条件をまとめる、CALM-AM(SWG16.4)は、日本からの提案であり、「アプリケーションマネージメント標準化検討分科会」にてドラフト作成作業を行っている。

 調査研究活動としては、以下の3テーマを昨年度に継続して取り組んだ。これらの活動は、本受託事業とは別の体制にて実施した。
 テーマ1:「CALMアーキテクチャの複雑モデルにおける標準化要件の調査研究」
 テーマ2:「CALMの車載側アーキテクチャの適用可能性に関する調査研究」
 テーマ3:「プローブ情報システムのリファレンスアーキテクチャに関する調査研究」