車間距離(時間)の分布計測

車両運動の縦方向のコントロールを部分的に自動化し、ドライバに利便性を与えて、ドライバの運転負荷を軽減する目的のシステムとして、Adaptive Cruise Control(以下、ACCとする)がある.ACCは、先行車両や自車両の運動情報に基づき、先行車両に適応するように自車両の車速をコントロールする.ISO/TC204/WG14では、ACCの標準化項目の一つとして、これの最低車間時間(車間距離/車速)の設定について議論がなされている.本研究では、

<1>日本の道路交通における、実際の車間距離や車間時間を計測し、
<2>ACC最低車間時間設定の許容範囲標準化に対し、日本の意見として反映しうるデータを整備すること、
が目的である.

実交通での車間距離を測定した研究としては、高速道路において測定を行った谷口や中嶋(の報告がある.しかし、前者は昭和55年、後者は昭和57年に測定しており、現在の交通状況が既に当時と異なるものと考えられ、本研究では現状の交通状況に即し、改めて測定することとした.なお、上記の先行研究では、レーザレーダなどによって基準線の通過時間を測り、それより車間時間(車間距離)や車速を求めている.これに対し、最近ではビデオカメラを容易に使いうる状況となったので、本研究では交通状況を動画として撮影し、画像から車間時間や車速を読みとる方法を用いた.

1.まえがき
2.解析方法
 2.1 道路交通のビデオ撮影
 2.2 ビデオ画像の解析
 2.3 車間時間(車間距離)分布の算出方法
3.解析結果
 3.1 車間時間
 3.2 車間距離
 3.3 累積分布
4.まとめ