車間距離(車間時間)分布の実態調査報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うために、平成9年6月に(財)自動車走行電子技術協会は、通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

本調査研究は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、着実な発展を促進するために、自動車の機能、要素技術等の新たな技術開発や、各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成9年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(財)日本自動車研究所に再委託し、下記13の調査研究を実施致しました。
1.走行動作、誘導システム等に関する調査・試験(5テーマ)
2.車両走行制御機能に関する調査・試験(4テーマ)
3.ヒューマンインターフェースに関する調査・試験(4テーマ)

本報告書は、上記の「1.走行動作、誘導システム等に関する調査・試験(車間距離(車間時間)分布の実態調査)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

車両運動の縦方向のコントロールを部分的に自動化し、ドライバに利便性を与えて、ドライバの運転負担を軽減する目的のシステムとして、Adaptive Cruise Control(以下、ACCと呼ぶ)がある。ACCは、先行車両や自車両の運転情報に基づき、先行車両に適応するように自車両の車速をコントロールする。ISO/TC204/WG14では、ACCの標準化項目の一つとして、これらの最低車間時間(車間距離/車速)の設定について議論がなされている。
本研究では、
<1>日本の道路交通における、実際の車間距離や車間時間を計測し、
<2>ACCの最低車間時間設定の許容範囲標準化に対し、日本の意見として反映しうるデータを整備すること、
が目的である。

「平成8年度(財)自動車走行電子技術協会報告書」では、東名高速道路及び横浜新道のある2地点においてビデオカメラによる定点観測を行い、道路種別、先行車別及び昼夜別の車間時間及び車間距離の分布状況が測定されている((1))。本研究では、レーザレーダを用いた車間距離測定器を車両に装着し、高速道路及びその他自動車専用道路を実際に走行したときの道路区分、昼夜、天候及び道路線形の走行条件による車間距離(車間時間)の違いについて測定した

1.まえがき
2.走行実態調査の概要
3.解析方法
 3.1 計測データの前処理
 3.2 車間距離のデータ処理
 3.3 車間距離の算出
4.解析結果
 4.1 定常区間と区間全体の比較
 4.2 道路区分による違い
 4.3 昼夜による違い
 4.4 天候による違い
 4.5 道路線形による違い
5.まとめ
6.研究結果の利用
7.参考文献