交通事故の実態調査による各種警報システムの有効性調査研究報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。 また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度に引き続き、平成10年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

本調査研究は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、着実な発展を促進するために、自動車の機能、要素技術等の新たな技術開発や、各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成10年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の調査研究を実施致しました。
1.走行動作、誘導システム等に関する調査研究(1テーマ)
2.車両走行制御機能に関する調査研究(10テーマ)
3.ヒューマンインターフェースに関する調査研究(2テーマ)

本報告書は、上記の「2.車両走行制御機能に関する調査研究(交通事故の実態調査による各種警報システムの有効性調査研究)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただけば幸いです

モータリゼーションの進展とともに世界的に大きな問題となりつつある安全及び環境等の諸問題を、近年急速な進歩を遂げつつあるエレクトロニクス技術や通信技術を自動車交通に応用することで解決しようとする国家的なプロジェクトが1980年代後半から欧米及び日本で始められている。これらの自動車交通の知能化システムは国際的にITS (Intelligent Transportation Systems) と総称され、実用化研究を含めた研究開発が世界各国において広い範囲で活発に進められている。これらの成果による各種システムの具体化の進展に伴いITSに含まれる各種システムの国際基準の作成及び制定が急がれており、現在、ISO/TC204においてITSに係る各種システムの基準作成作業が活発に行われている

障害物検出/警報システムは、ITSに係る走行安全性向上システムの一つであり、アダプティブクルーズ、前方障害物警報、側方障害物警報、レーン逸脱警報などの各種の障害物検出/警報システムが開発されつつある。しかし、これらの各種警報システムの有効性は、そのほとんどがドライビング・シミュレータやコンピュータ・シミュレーションによって評価されており、現実の交通事故に基づく実際的な評価はほとんど行われていない。本調査は、我が国で発生している現実の交通事故の実態を明らかにし、これを通じて各種警報システムの事故防止及び被害軽減の評価、同システムの仕様検討、及びISO/TC204における基準化作業に資する参考資料を得ることを目的とする

各種の交通事故のうち、1996年の単路における追突及び接触事故の実態は、前年度調査において明らかにした。本調査は、1996年の交差点事故を対象に、先ず第1章及び第2章において(財)交通事故総合分析センター(以降の文中では事故分析センターと略記する場合がある)発行の平成8年版「交通統計」、平成7年版「交通事故統計年報」及びその他の資料を基に交差点事故の概況について明らかにし、次に第3章において事故分析センターが保有する事故データ等を原資に統計的な分析(マクロ分析)を行い、その実態を明らかにする。なお、マクロ分析は交通事故分析センターに発注、依頼して作成した事故データのクロス集計表を基に実施した

1.まえがき
2.交差点事故の概況
3.1996年の交差点における交通事故のマクロ分析(全国)
4.1996年の単路における交通事故の補足調査(全国)
5.1996年の単路及び交差点における交通事故の特定法令違反別分析
6.あとがき
7.参考資料
8.付録