車両周囲センサーの性能評価に関する調査研究報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度に引き続き、平成10年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました

本調査研究は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、着実な発展を促進するために、自動車の機能、要素技術等の新たな技術開発や、各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成10年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の調査研究を実施致しました。
1.走行動作、誘導システム等に関する調査研究(1テーマ)
2.車両走行制御機能に関する調査研究(10テーマ)
3.ヒューマンインターフェースに関する調査研究(2テーマ)

本報告書は、上記の「2.車両走行制御機能に関する調査研究(車両周囲センサーの性能評価に関する調査研究)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただけば幸いです

方向転換や車庫入れ等の比較的低い速度で車を運転中に、ドライバが直接視界で確認し難い範囲にある障害物を検出し、その存在や障害物までの距離の余裕等の情報を提供することにより、ドライバの利便性を図るシステムが研究されている。このシステムは、一般にコーナーセンサーやバックソナーと呼ばれManoeuvering Aid for Low Speed Operation(以下、MALSOと呼ぶ)、すなわち、運転負担を軽減するシステムと位置づけられている。ISO/TC204/WG14では、MALSOについて検討が始められており、標準化項目の一つとして、テストターゲットの設定について現在議論がなされている。
本研究では、
(1)道路端近傍にある路上障害物の超音波反射率を測定し、
(2)MALSOのテストターゲット設定に対して、日本の意見として反映し得るデータを整備すること、
が目的である

今年度は、リボン型トゥイータスピーカ、マイクロホンおよび解析器で構成した超音波反射率計測システムを用いた計測法および解析法を確率すると共に、本システムを適用して道路端近傍にある路上障害物の超音波反射率を測定した

1.まえがき
2.計測方法およびデータ解析
3.測定対象障害物の概要
4.試験結果
 4.1 超音波スピーカの指向性
 4.2 測定対象障害物の超音波反射率
5.まとめ
6.研究結果の利用