商用車の車間距離(車間時間)に関する調査研究

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されると言う特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度に引き続き、平成10年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託致しました。 本調査研究は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、着実な発展を促進するために、自動車の機能、要素技術等の新たな技術開発や、各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成10年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の調査研究を実施致しました。
1.走行動作、誘導システム等に関する調査研究(1テーマ)
2.車両走行制御機能に関する調査研究(10テーマ)
3.ヒューマンインターフェースに関する調査研究(2テーマ)

本報告書は、上記の「2.車両走行制御機能に関する調査研究(商用車の車間距離(車間時間)に関する調査研究)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただけば幸いです

車両運動の縦方向のコントロールを部分的に自動化し、ドライバに利便性を与えて、ドライバの運転負荷を軽減する目的のシステムとして、Adaptive Cruise Control(以下、ACCとする)がある。ACCは、先行車両や自車両の運動情報に基づき、先行車両との適正車間距離を維持しながら自車両の車速をコントロールする。ISO/TC204/WG14(走行制御)では、ACCの標準化項目の一つとして、これの最低車間時間(車間距離/車速)の設定について議論がなされている。本研究では、ACC最低車間時間設定の許容範囲標準化に対し、日本の意見として反映しうるデータを整備することを目的として、日本の道路交通における、実際の車間距離や車間時間を計測した

ところで、実交通での車間距離を測定した研究としては、高速道路において測定を行った谷口や中嶋(の報告がある。しかし、前者は昭和55年、後者は昭和57年に測定を行っており、現在の交通状況が既に当時と異なることを考え、本研究では現状の交通状況に即し、改めて測定しなおすこととした。また、上記の先行研究では、レーザレーダなどによって基準線の通過時間を測り、それより車間時間(車間距離)や車速を求めている。これに対し、最近ではビデオカメラを容易に使いうる状況となったので、本研究では交通状況を動画として撮影し、画像から車間時間や車速を読みとる方法を用いる。さらに、最近の研究としては平成8年度に実施されたビデオによる調査研究があるが、ここでは主に乗用車が追従走行する場合について解析が行われている。本研究では、大型トラックや小型トラックなどの商用車が他の車両に追従走行する場合について解析を行う。第2章ではビデオカメラで撮影した画像から車間時間、車間距離および車速を解析する方法について述べ、第3章では、平成8年度の関連研究結果と比較しながら解析結果を示す

1.まえがき
2.解析方法
 2.1 道路交通のビデオ映像
 2.2 ビデオ画像の解析
 2.3 車間時間(車間距離)分布の算出方法
3.解析結果
 3.1 車間時間の頻度分布
 3.2 車間時間と車速
 3.3 累積頻度分布
4.まとめ