警報に対する人間の反応時間の調査研究報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。 また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度以降引き続いて、通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託しております

当協会は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、着実な発展を促進するために、自動車の機能、要素技術等の新たな技術開発や、各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成11年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の調査研究を実施致しました。 1.走行動作、誘導システム等に関する調査研究(1テーマ) 2.車両走行制御機能に関する調査研究(8テーマ) 3.物流情報・旅行者情報に関する調査研究(1テーマ)

本報告書は、上記の「2.車両走行制御機能に関する調査研究(警報に対する人間の反応時間の調査研究)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

1980年代後半、我が国で初めてレーザーレーダを利用した前方車両衝突警報装置(FVCWS: Forward Vehicle Collision Warning System)が大型トラック用に実用化され、近年では適応型車速制御装置(ACC: Adaptive Cruise Control)と組み合わせて乗用車にも搭載されるまでになってきた。この他にも、車線逸脱警報装置(LDWS: Lane Departure Warning System)や測方障害物警報装置(SOWS: Side Obstacle Warning System)などの各種警報システムの開発が積極的に行われており、現在ISO/TC204/WG14ではITS車載機器標準化の一環として、これらのシステムにおける警報呈示タイミングの基準に関する検討が進められている

警報タイミングの仕様を検討するにあたり、安全面を重視すればより早く警報を呈示する方が良いことは言うまでもない。しかし、警報タイミングをドライバにとっての適正範囲より早めに設定した場合、ドライバはその警報を不要あるいは誤警報と判断し、結果として警報が無視されるなど警報システムの効果が損なわれる可能性がある。これを防ぐためには、警報が発生してからドライバがブレーキあるいはハンドルによる回避操作を開始するまでに、どの程度の遅れ(反応時間)を要するかなど、ドライバ特性に関する実態を把握した上で適正な警報タイミングを検討する必要がある。本研究の目的は、各種警報システムとドライバの反応時間との関係を実験的に調査し、警報呈示タイミングの検討に必要な基礎データを収集することである

過去2年間の研究では、自車の前方を走行する車両が急停止する状況をドライビングシミュレータ上で再現し、前方車両衝突警報に対するドライバの反応時間を明らかにした。この実験は、自車前方の危険を知らせる警報に対して、ドライバがブレーキ操作で危険回避するときの反応を対象としていた。一方、同じ警報システムでも車線逸脱警報は、車線内の自車位置すなわち横ずれ量に対して警報するものであり、ドライバは通常ハンドル操作で危険回避を行うと考えられる。したがって、警報に対する反応時間の特徴にも違いが現れてくる可能性がある。そこで、本年度は警報の対象を車線逸脱警報とし、ドライバの覚醒度と反応時間との関係を調査するとともに、覚醒度低下時における警報装置の有効性や車線逸脱時の車両挙動等について検討を行った

1.まえがき
2.車線逸脱警報に対する反応時間測定
 2.1 本実験の目的
 2.2 実験方法
 2.3 実験結果
3.まとめ