運転支援システムの信頼性に関する調査研究報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードして行く必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度以降引き続いて、通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託しております

当協会は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑、着実な発展を促進するために、自動車の機能、要素技術等の新たな技術開発や、各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成11年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を、(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の調査研究を実施致しました。
1.走行動作、誘導システム等に関する調査研究(1テーマ)
2.車両走行制御機能に関する調査研究(8テーマ)
3.物流情報・旅行者情報に関する調査研究(1テーマ)

本報告書は、上記の「2.車両走行制御機能に関する調査研究(運転支援システムの信頼性に関する調査研究)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

運転支援システムは、運転に関わる各種の情報提供、運転警報および運転補助などを通して、運転負荷の軽減、安全性の向上を図るシステムのことである。センサー技術や情報通信技術が進歩したことに伴い、ドライバが利用できる情報の種類、量などが増え、付加価値の高い運転支援システムが検討されるようになった。現在、ITS (Intelligent Transport Systems) の分野において、ACC (Adaptive Cruise Control Systems) やFVCWS (Forward Vehicle Collision Warning Systems) などの装置をはじめ、多くのシステムが検討されている

これら運転支援システムを開発する際には、運転中のドライバが必要とする情報の量やタイミングを的確に把握し、運転状態に見合った情報提供や車両制御を行うようにすることが重要である。情報が不明確であったり、不必要な情報が多すぎて、ドライバに混乱を与えるようなシステムは危険である。また、ドライバがシステムを過度に信頼したことに伴い、運転への主体性が欠如したり、運転操作が緩慢になることなども危険を招く。これらは、ドライバの理解不足や油断が直接の原因であるが、それを誘発するものは、新たなパートナーシップであるシステムである。このように、運転支援システムの検討では、人間とシステムとの新たな付き合い方が問われている

これまで、システムの信頼性というと、ハードウェアやソフトウェアなどの製品に作り込まれる信頼性、いわゆる品質信頼性が中心であった。しかし、電子機器と人間との接点が、ITSなどのようにより密接になると、適切なHMI(ヒューマンマシンインターフェース)やユーザビリティ、責任感などといった、人間の感性や判断に基づく信頼性、すなわち主観的信頼性が重要となってくる。主観的信頼性は、人間の価値判断や経済概念、モラルなど幅広い領域が対象となる

そこで、本調査研究は、運転支援システムの今後の在り方を探ることを目的に、これまでの研究成果を整理し、主観的信頼性の検討の枠組み、考え方などを検討し、主観的信頼性解明の手がかりを得るとともに、ISO/TC204/WG14(走行制御)における標準化やアセスメントなど今後の方策の方向性について検討する

1.概要
 1.1 調査の背景と目的
 1.2 平成10年度調査結果
 1.3 平成11年度調査概要
2.予備調査
 2.1 ハードウェアの信頼性
 2.2 ソフトウェアの信頼性
 2.3 人間工学分野における信頼性
 2.4 予備調査のまとめ
3.北米調査
 3.1 概要
 3.2 調査結果
 3.3 北米調査のまとめ
4.欧州調査
 4.1 概要
 4.2 調査結果
 4.3 欧州調査のまとめ
5.信頼性検討の枠組みに関する考察
6.おわりに