インフォメーションマネジメントの調査研究報告書

関係5省庁で策定した高度道路交通システム(ITS)の全体構想は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の持続的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されます。また、現在ISO/TC204等において、このITS関係技術についての国際規格化活動が鋭意進められているが、ITSは公共的機能を基礎にし、民間が供給する製品との組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的に発展プロセスをリードしてゆく必要があります。このため、各国とも官の強力な主導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は平成10年度に引き続き、平成11年度も通商産業省から「ITSの規格化事業」を受託いたしました

本調査研究は、その事業の一環として「ITS車載システムアーキテクチャ(SA)の応用研究」を実施するもので、平成10年度に構築した「ITS車載SA」の理解と活用を促進するためのツールとしてモデルカーデータベースを研究するとともに、このSAから導出された重要な標準化項目であるITS Data Bus (IDB) の標準化に向けた調査研究を行うものであります

本報告書は、平成11年度の上述研究の検討結果を報告するものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

ITS (Intelligent Transport Systems) の一層の普及促進を図るためには、ユーザにとって利用しやすく、自動車走行の安全性に干渉しない情報提供を実現することが不可欠である。本調査研究は、車載システムアーキテクチャ応用研究の一環として、人間の知覚情報処理特性に配慮した情報提供を実現するための情報管理、すなわちインフォメーションマネジメントを提案することにより、ITSモデルカー構築に資するとともに、IDB (ITS Data Bus) やインフォメーションアーキテクチャなど車載システムアーキテクチャにおけるユーザ向け情報要件の明確化に資することを目的とする

今後、車載システムアーキテクチャの検討から明らかにされた、各種の情報提供サービスが逐次実現する。ITSサービスのなかで、経路案内などの情報提供は、交通の円滑化と輸送の効率化に貢献して経済効果を高めるとともに、物流に関わる環境への負荷低減を達成する上で、重要な役割を果たすと期待される。また、ドライバや旅行者の安全性向上を目的とする周辺障害物情報提供や、生活者の利便性を大きく改善する各種サービス情報の提供も、より一層充実して行くと予想される

一方、情報のユーザである人間には、情報処理能力の点で限界があり、短時間のうちに取得して利用できる情報には限りがあるといわれる。このため、ITSの個別のシステムが供給できる数多くの情報を一時に提供すると、ユーザにとって過大な負担を生じる可能性がある。この場合には、ユーザは情報を有効に利用することができず、情報提供サービスのメリットを充分に享受できない恐れがある。また、ドライバに対する情報提供にて、情報の取得に要する負担が過大である場合には、ハンドル操作やペダル操作など自動車の運転操作に影響を生じる可能性もある。複数の情報を提供する際には、各々のサービスが狙いとする目的を損なうことなく、かつ情報取得に関する負担が過大とならない情報提供方法を採ることが必要である。また、このようなユーザの受容性に配慮した情報提供により、ITSの一層の普及促進を図ることができると予想される

本調査研究では、インフォメーションマネジメント開発の第一段階として、ユーザに対する適切な情報提供を実現するインフォメーションマネジメントの方針を提案する。このため、ドライバ向け情報提供サービスに着目し、車載物理システムアーキテクチャから導出された情報項目を分類整理して、インフォメーションマネジメントのあり方を検討した。また、情報の優先度評価を試行するとともに、ドライバの受容性の観点から情報提供方法が備えるべき要件を検討し、これらの結果をもとにインフォメーションマネジメントの方針を試作した。さらに、インフォメーションマネジメントの考え方を適用することにより、ドライバの情報取得が改善され、情報提供サービスの目的を円滑に達成できることを実験的に確認した。本報告書では上記内容を述べ、別冊付録として、インフォメーションマネジメントで対象とすべきユーザニーズに基づく情報内容と、車載システムアーキテクチャから導出されたドライバ向け情報詳細化の過程を述べる

1.まえがき
2.インフォメーションマネジメント開発の手順
 2.1 必要性
 2.2 本調査研究の検討範囲
 2.3 開発の視点
 2.4 検討手順
3.情報区分と優先度評価の試行
 3.1 システムアーキテクチャから導出されるドライバ向け情報
 3.2 情報の区分
 3.3 インフォメーションマネジメントのあり方
 3.4 優先度評価の試行
4.インフォメーションマネジメント方針の検討
 4.1 情報提供方法の検討
 4.2 インフォメーションマネジメント方針の試作
5.インフォメーションマネジメントの有効性
 5.1 調査方法
 5.2 調査結果
 5.3 考察と今後の課題
6.要約