割込車両の実態調査と安全評価に関する調査研究報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的な発展プロセスが構築されていく必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度以降引き続いて、経済産業省から「ITSの規格化事業」を受託しております

当協会は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑・着実な発展を促進するために、自動車の新たな機能、要素技術等の研究開発に伴う各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成12年度ITSの規格化事業(ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の調査研究を実施致しました。
1.走行動作、誘導システム等に関する調査研究(1テーマ)
2.車両走行制御機能に関する調査研究(6テーマ)
3.物流情報・旅行者情報に関する調査研究(1テーマ)

本報告書は、上記の「2.車両走行制御機能に関する調査研究(割込車両の実態状態調査と安全評価に関する調査研究)」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

1980年代後半、我が国で初めて前方車両衝突警報装置(FVCWS: Forward Vehicle Collision Warning System)が大型トラック用に実用化され((1))、近年ではアダプティブクルーズコントロール装置(ACC: Adaptive Cruise Control)と組み合わせて乗用車にも搭載されるまでになってきた((2),(3))

ISO/TC204/WG14で標準化が進められるこれらのITS車載機器では、レーザーレーダ等を利用して先行車との車間距離を検出し、危険時の警報呈示や安全車間距離の保持などの制御が行われる。先行車に追従走行中は車間距離が連続的に変化するため、先行車が急制動を掛けない限り特に問題はない。ところが、隣接車線から他車両が割り込んできた場合には、見かけ上の車間距離が急激に減少することにつながる(突発的な状況変化に相当)。システムとしては、このようにターゲット車両が切り替わる過渡的状況においても、必要な警報を呈示(あるいは不要警報を抑制)したり、安全車間距離を維持するための減速を加えたりする必要があり、そのための対策を講じなければならない

また、ACCにおける利便性の観点から見た場合、安全車間距離を広く設定しすぎると交通状況によっては、自車前方に他車両が頻繁に割り込んでくる可能性がある。割り込みのたびに車間距離調整のための減速機能が働き、結果として旅行時間の遅延あるいはドライバの不快感の増大につながることも考えられる

以上の問題を解決するためには、割り込みがどのような状況下で、かつ、どの程度の割合で発生しているかなど、実路上における割込状況の実態を把握する必要がある。平成11年度の調査研究((4))では、高速道路上を追従しながらクルージング走行中の二台の車両間に割り込んできた他車両の動きを記録し、車間距離と割込頻度との関係や割込車両の状態量について解析した。本年度は、割り込みがより頻繁に発生することが予想される高速道路のインターチェンジ部を対象に、合流地点の定点観測調査を実施し、合流車線や本線上における割込状況や安全性との関係について解析を行った

1.まえがき
2.割込観測調査
 2.1 調査方法
 2.2 調査地点と日時
3.データ解析方法
 3.1 交通量と車線変更台数の解析
 3.2 画像解析による車間距離算出法
 3.3 画像解析精度の検証
 3.4 その他の算出データ指標
4.割込観測調査結果
 4.1 取得データの概要
 4.2 本線合流車両の割込状況
 4.3 本線上における割込状況
 4.4 安全性に関するシミュレーション検討
 4.5 車線別交通量と走行速度分布
5.まとめ