DSRCリソースマネージャへのリクワイヤメントの調査研究報告書

平成8年7月に、関係5省庁で策定した「高度道路交通システム(ITS)の全体構想」は、道路交通を一層安全・快適・効率的なものとしながら、環境との調和を促進し、21世紀の経済・社会の技術的な発展を可能にするための主要な前提を示しており、この実現に向けて、関係省庁が協力して推進することが合意されています。また、現在ISOではTC204において、このITS技術についての国際規格化活動が鋭意進められていますが、ITSは公共的機能を基礎に、民間が供給する製品の組み合わせにより実現されるという特長を有しており、ITSの全体構想の円滑、効率的な実現のためには、公共的観点から長期的な発展プロセスが構築されていく必要があります。このため、各国とも官の強力な指導によって、標準化活動が進められている状況であります

こうした背景の中で、TC204活動における我が国の国際的な発言力を向上させ、TC204対応体制を整備するとともに、規格化のための基礎的情報や知見の確保、充実を行うべく、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9年度以降引き続いて、経済産業省から「ITSの規格化事業」を受託しております

当協会は、ITSにおける自動車の情報化技術、知的走行技術等の円滑・着実な発展を促進するために、自動車の新たな機能、要素技術等の研究開発に伴う各種の標準化に資するため、上記事業の一環として「平成12年度ITSの規格化事業(ISO/TC204〈WG15、16〉の国内、国際活動対応及びITS標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究)」を(社)電子情報技術産業協会に再委託し、下記の事業を実施致しました。
1.ISO/TC204(WG15、16)の国内および国際活動
2.ITS標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究
 ・DSRCリソースマネジャへのリクワイヤメントの調査研究
 ・メッセージヘッダテンプレートの調査研究

本報告書は、上記の「DSRCリソースマネジャへのリクワイヤメントの調査研究」の調査研究内容をまとめたものであり、今後のITSの一層の推進に活用いただければ幸いです

ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)の国際標準化活動を行うためにISO/TC204が設置され、その下に分野別のWGが組織された。このうちWG15は、路車間、車車間等の狭域通信システムに関する通信プロコトルの上位レイヤを検討対象領域としている。国内では、ITS標準化委員会の下に組織された「狭域通信システム分科会」を(社)電子情報技術産業協会により運営され、ISO/TC204/WG15のカウンターパートとしての活動を行っている

現在、WG15では「DSRC-L7」と「DSRCリソースマネージャ(以下、RMと記す)」の2つのテーマが検討されているが、DSRC-L7については既にCD登録が完了(Stage30.20)し、現在、DIS登録に向けたドラフト編集の段階に至っている。一方、RMに関しては、NP (New work item Proposal) に対する投票が可決され、現在、WDの作成が行われている

これに対して(社)電子情報技術産業協会では、(財)自動車走行電子技術協会からの委託により、平成10年度には「DSRCリソースマネージャの調査研究」を行い、RMの狙い、特徴等を理解することによりNP投票への対応策を検討した。なお、この調査研究において、RMの提案国である北米地域(アメリカ、カナダ、メキシコ)では、5.9GHzのDSRCを用いる多様なアプリケーションからのリクワイヤメントをもとにRMの標準化を進めていることが分かった。そこで、平成11年度には「次期DSRC規格に関する調査研究」により、我が国においてDSRCを用いる可能性のある多様なアプリケーションからのリクワヤメントを整理した。一方、平成11年度の調査研究を行っている間にRMはNPとして可決し、その後北米地域から国際会議毎に改訂されたドラフトが提出されている。したがって、平成11年度の成果を踏まえた上で、RMのドラフトに対する日本としての対応方針を検討することが急務の課題となってきた

本調査研究では、上記の背景を踏まえ、北米地域からのドラフト、及び関連資料を分析するとともに、平成11年度の調査研究を踏まえた上で、我が国においてRMを活用した場合を想定した上でのリクワイヤメントを取りまとめることを目的として実施した

第1章 調査研究の概要
 1.1 調査研究の背景と目的
 1.2 調査研究フロー
 1.3 調査研究の経緯
第2章 北米リソースマネージャドラフト関連資料の分析
 2.1 リソースマネージャの概要
 2.2 新旧ドラフトの比較
第3章 関係機関からの意見集約
 3.1 全体概要
 3.2 個別研究テーマの紹介
第4章 次期DSRCリクワイヤメントの具体化
 4.1 具体化の考え方
 4.2 メッセージシーケンスの具体化
 4.3 検討結果
第5章 リソースマネージャリクワイヤメント案の整理
 5.1 リクワイヤメント案取りまとめの基本的な考え方
 5.2 リクワイヤメント案
第6章 まとめ