ITS 車載機器標準化のための要素機能と試験方法
及びITS 車載システムアーキテクチャの活用とメンテナンスに関する調査研究(概要編)

ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)は、最先端の情報通信技術等を用いて、人と道路と車両とを一体のシステムとして構築するものであり、道路交通の安全性、輸送効率、快適性の飛躍的向上を実現するものです。このため、今日の自動車社会が抱える負の遺産、交通事故や渋滞等都市交通問題、あるいは環境問題やエネルギー問題等諸課題の解決に大きく貢献することが期待されています。また、ITS は、国民生活に密着した道路交通の世界に導入されるものであり、情報化に対する利用者の期待も高いことから、利用者ニーズに対応した実用化を促進することにより、自動車産業、情報通信産業等に関連する分野において、大規模でかつ新たな市場の形成に結びつくことが期待されています

我が国では、このようなITS の特徴に鑑み、平成8 年7 月に関係4省庁(当時5省庁)により「高度道路交通システム(ITS)推進に関する全体構想」が策定され、その普及促進に向けた研究開発、実用化等が進められています

こうした中、(財)自動車走行電子技術協会は、平成9 年度以降引き続いて、経済産業省から「ITS の規格化事業」を受託、実施してきております

当該事業は、ITS 実用化推進のための基盤整備の一環として、日本として、ITS 関連技術の国際規格化活動(ISO/TC204 等)を積極的かつ戦略的に進めるため、関連体制の整備、規格化のための技術的基礎情報の確保、TC204 をはじめとするITS 標準化活動等の円滑化を図るとともに、上記の全体構想の円滑、効率的な実現に資することを目的にしております、当協会では、今年度事業の一環として「平成13 年度ITS の規格化事業(ITS 車載機器標準化のための要素機能と試験方法及びITS 車載システムアーキテクチャの活用とメンテナンスに関する調査研究)」を(財)日本自動車研究所に再委託し、下記の事業を実施致しました

1. ITS車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究
(1) 側・後方車両に対するドライバの視認行動に関する調査研究
(2) 側・後側方障害物警報システム(SOWS)の規準策定に関する調査研究
(3) Stop&Go システムの作動環境条件に関する調査研究
(4) 拡張ACC における路側情報要件に関する調査研究
(5) システム限界のドライバへの伝達手法に関する調査研究
(6) 車線逸脱警報システム(LDWS)テスト方法に関する調査研究

2. ITS車載システムアーキテクチャの活用とメンテナンスに関する調査研究
(1)ITS車載システムアーキテクチャの活用とメンテナンスに関する調査研究