-ITS 車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究-
側・後側方車両に対するドライバの視認行動 に関する調査研究

SOWS(Side Obstacle Warning Systems;側・後側方障害物警報システム)とは、隣接車線上の走行車両や障害物を検知し、車線変更等により衝突の危険性が生じた場合に警報を呈示し、ドライバの注意を促すシステムである。このシステムを警報対象別カテゴリで分けると、自車側方(ピラー等によるドライバの死角近辺)の隣接車両の存在を知らせる「死角警報(Blind Spot Warning)」と後側方からの車両の接近を知らせる「車両接近警報(Closing Vehicle Warning)」に分類される。1990 年代前半、死角範囲の広い大型車両への搭載を目的に、超音波センサを使った死角警報装置が市販化されたが、障害物の検知精度が不十分であったため、不要警報や誤警報が頻発し、実用的に十分とはいえないものであった

近年、画像処理やレーザレーダ等を用いたセンシング技術の向上に伴い、隣接車両との車間距離や相対速度の関係から車線変更時の衝突/非衝突条件を定式化した研究や、複数のCCD カメラを用いて後側方の接近車両を検出する技術(4)などが開発され、再びSOWSの実用化に向けた動きが活発化してきている。その流れを受け、ISO/TC204/WG14 ではSOWS のPWI 提案が可決(ISO 化すべきアイテムとして承認)され、FVCWS(Forward Vehicle Collision Warning Systems;前方車両衝突警報システム)やLDWS(Lane Departure Warning Systems;車線逸脱警報システム)等と同様に、ITS 機器の一つとして標準化が進められるSOWS のような警報システムを開発/標準化する際に必ず議論される点が、警報発生タイミングの問題であり、“安全性の確保”と“煩わしさ感の低減”という相反するテーマを両立させるよう設定することが重要となる。本研究では、SOWS 標準化ドラフトにおける障害物検知範囲および警報発生基準策定のための検討用データを収集することを目的に、高速道路での実車走行実験を行い、ドライバの視認行動や車線変更と隣接車両との位置関平成12 年度の調査研究(5)では、「先行車に追い付いたら追い越す」という比較的自由な運転環境のもとに通常走行中の車線変更データを取得した。本年度は、ドライバに瞬時の判断を要求する場面を想定した強制的な車線変更実験とし、ドライバの意思によらない突発的な状況下での車線変更特性について調査した

第1章 はじめに

第2章 車線変更調査実験
 2.1 実験方法
 2.2 実験区間と計測日時
 2.3 試験車とドライバ
 2.4 記録項目

第3章 データ解析方法
 3.1 画像解析による車間距離算出法
 3.2 画像解析精度の検証
 3.3 その他の画像解析項目
 3.4 算出データ指標

第4章 車線変更実験結果
 4.1 取得データ数
 4.2 車線変更に及ぼす隣接車両の影響
 4.3 ドライバの視認行動と車線変更動作
 4.4 平成12 年度調査結果との比較

第5章 まとめ

参考文献

付録
車線変更時および車線変更断念時における全取得データ一覧