-ITS 車載機器標準化のための要素機能と試験方法に関する調査研究-
Stop&Goシステムの作動要件に関する調査研究

車間距離や車速を自動的に制御し、ドライバの運転負荷を軽減するアダプティブクルーズコントロールシステム(Adaptive Cruise Control System : ACC)の国際標準化作業は順調に終了し、ISO 標準として2002 年に発行されている。また、ACC の商品化も日本、ドイツの自動車メーカを中心に着実に進展してきている。ISO/TC204/WG14(Vehicle/Road Warning and Control System : 走行制御分科会)では、ACC の次世代システムとして、ACC の作動領域を拡張し、停止および発進(Stop&Go)を繰り返すような低速度域における先行車への追従を可能とする拡張アダプティブクルーズコントロールシステム(Enhanced Adaptive Cruise Control System :EACC)の標準化作業を開始した

EACC のISO 策定作業では、ミニマムリクワイアメントとして、動作要件(設定車間距離、最大減速度、制御車速範囲など)およびシステムの機能要件(追従ターゲットの自動切替、自動ブレーキの制御速度範囲、制御対象車両、先行車ロスト時の速度制御など)などの標準化が検討されている

平成13 年度は、「Stop&Go システムの作動環境条件に関する調査研究」として、首都圏の自動車専用道路および一般道路において、実車による渋滞走行中のドライバ操作量および車両状態量を測定し、EACC の最大減速度および車間距離の設定方法に関するシステム動作要件について検討した

平成14 年度は、機能要件検討の第一段階として、追従ターゲットの自動切替および自動ブレーキの制御速度範囲を検討するため、ドライビングシミュレータ上にEACC を搭載した車両を模擬して、ドライバがEACC を利用して先行車に追従する状況において実験を行った

追従ターゲットの自動切替の是非に関しては、自動切替機能がないシステムを用いて追従ターゲットが変化した場合に衝突する危険性が存在することを考慮し、想定し得る一状況として、追従ターゲットの自動切替機能がない場合に、ドライバがシステムの自動切替機能がないことを把握していない状況における運転行動について調査した

自動ブレーキの制御速度範囲に関しては、停止までの減速を自動ブレーキにより行うべきかどうかの問題を考慮し、システムの自動停止制御の有無による運転行動について調査した。このとき、負荷タスクとして暗算課題の有無による影響や、システムが不作動になった場合の運転行動についても調査を行った

また、自動ブレーキの制御速度範囲に関しては、停止までのブレーキ制御の有無はシステムの効果にも関係するので、平成13 年度に実施した延べ約800km にわたる渋滞走行中の実車走行調査の結果からシステムの作動状況を推定し、運転負荷軽減効果について考察した

これらの結果から、シミュレータ実験による運転行動の調査結果と、実車走行調査による運転負荷軽減効果の推定結果の関係について考察した

本事業で得られた調査結果は、ISO/TC204/WG14 傘下のEACC サブワーキングに提示し、EACC の動作要件に関するミニマムリクワイアメント策定のためのバックデータとして活用する

第1章 はじめに

第2章 動作要件の違いによるドライバの運転行動の調査
 2.1 実験方法
 2.2 実験結果
 2.3 ドライバの運転行動の調査のまとめ

第3章 動作要件の違いによる運転負荷軽減効果の推定
 3.1 調査方法
 3.2 推定結果
 3.3 運転負荷軽減効果の推定のまとめ

第4章 まとめ

参考文献

付録
 付録A. イベント発生時の走行場面
 付録B. シミュレータ実験の被験者の属性
 付録C. シミュレータ実験の各被験者の実験データ
 付録D. 実車走行調査の被験者の属性
 付録E. 実車走行調査の各被験者の推定データ