DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20131102 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

インフラ協調安全運転支援システムの受容性を高めるための表示インターフェイス(第2報) -自車停止時の煩わしさの影響要因の検討-
Human Machine Interface to Increase Drivers’ Acceptance of Vehicle-infrastructure Cooperative Safe Driving Support Systems (Second Report) -Factors Annoying Drivers when Presented Information (2)-

大谷 亮,江上 嘉典,岩城 亮,中村 之信
Akira OHTANI,Yoshinori EGAMI,Ryo IWAKI,Yukinobu NAKAMURA

前報では,インフラ協調安全運転支援システム(以下,「インフラ協調システム」と記す)からの情報提供に伴う煩わしさの影響要因を把握するため,単路での定常走行時として,見通しの悪いカーブ先の渋滞状況を想定した検討を行った1).ここで,単路での定常走行時と交差点での一時停止時では,ドライバが期待するシステム機能の役割に違いが生じると考えられ,これによって,煩わしさを生じさせる諸要因が異なると予想される.
そこで,本稿では,運転シミュレータ(以下,「DS」と記す)を用いた実験により,前報とは異なる交通状況として,見通しの悪い出会い頭状況を想定し,インフラ協調システムからの情報提供に伴う煩わしさの影響要因を把握することを目的とした.
A previous report indicated that system reliability and presentation timing affected driver annoyance with systems that reported dangerous curve situations. This study investigated whether the system reliability, repetition of information presentation, or timing of presenting information would affect driver annoyance with such systems. Ten drivers participated in a driving-simulator experiment. The experiment found that drivers were annoyed differently by the curve situation in the previous report and the intersection situation. Factors contributing to driver annoyance are discussed.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20131102 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2013/11

分野 / Field

安全/Safety
ID:6706
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ