DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20131105 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

実車両を用いた危険場面再現手法の研究 -拡張現実技術を適用した実験車両の開発と歩行者への対応行動の検討-
Reproducing Accident Situations Using Actual VehiclesDeveloping Test -Vehicle Adopted Augmented Reality and Comparing Driver Behavior to that in a Standard Vehicle

田川 傑,内田 信行,佐藤 健治,神保 浩之
Takashi TAGAWA,Nobuyuki UCHIDA,Kenji SATO,Hiroyuki JIMBO

交通事故の発生件数は平成24年中には約67万件発生しており,死者数については4千人半ばである.これまでに交通事故削減を目指し,ドライブレコーダ等の記録機器を用いて,事故や危険場面に遭遇した際の運転者行動を取得・分析した結果をもとにした危険場面再現実験により,事故につながった運転行動を実証的に示した研究がなされている.ここで実際に即した運転行動を取得するためには,現実感のある設定の下に実施されることが望ましい.そこで筆者らは,実際の車両の運転席前方にディスプレイを搭載し,実風景上に歩行者のコンピュータグラフィクス(以下,CG)を重畳することで危険な場面を安全に再現可能な実験車を作成した.しかし,重畳したCGには自車の挙動が反映されないため,減速や操舵で危険を回避した後は車両挙動に合致したCG映像を表示することができない.そのため,衝突回避可否まで実験データを用いた分析できず,シミュレーションによる検討が必要になるという問題があった.また運転席前方に搭載されたディスプレイに表示された前方映像をもとに走行する車両であり,2次元情報より得られた視覚情報にて運転操作を行うこととなる.この視覚情報の違いは,運転行動に影響を及ぼす可能性があるため,通常車両との運転行動の比較・確認をする必要がある.
そこで本研究では,自車の挙動をCGに反映できるよう,拡張現実(Augmented Reality,以下,AR)を適用した新たな実験車(Japan Automobile Research Institute - Augmented Reality Vehicle,以下,JARI-ARV)を開発した.本稿では,JARI-ARV開発の狙い及びシステム構成を示す.またディスプレイを用いた走行による運転影響を検討するため,歩行者への対応行動について,通常車両と比較した分析結果について述べる.加えて危険場面の再現性の検討として,飛び出し歩行者への対応行動を分析した結果について述べる.
Observing driver behavior by reproducing traffic accidents and conflict situations is effective for investigating accidents. In previous studies, driving simulators were often used to reproduce accident and conflict scenarios, but such systems had difficulties in reproducing realistic situations. Therefore, a new instrumented vehicle, named JARI-ARV (Japan Automobile Research Institute - Augmented Reality Vehicle), was developed to reproduce realistic traffic accident and conflict scenarios without putting the driver at risk of an actual collision. JARI-ARV was equipped with three Liquid - Crystal - Displays (LCDs) and three video cameras in front of the driver. To reproduce a critical scene, computer graphics (CG) are superimposed on top of the real frontal image captured by the video cameras. These CGs are adopted from Augmented Reality (AR) and give the impression that they are on a test field. In this paper, we confirmed the acceptability and controllability in some driving situations by comparing JARI-ARV with a standard vehicle.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20131105 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2013/11

分野 / Field

安全/Safety

分野詳細 / Detailed Field

安全
ID:6709
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ