DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20131203 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

都内の沿道および一般環境大気中のPMに対する自動車排出ガス寄与率の経年変化
Source Apportionment Study of Atmospheric Particulate Matter at a Road Side and Ambient in Tokyo, from 2002 to 2012

森川 多津子,溝畑 朗
Tazuko MORIKAWA,Akira MIZOHATA

この10年におけるわが国の都市域における大気汚染物質のうち,もっとも大きく濃度が低減したものは浮遊粒子状物質(SPM)である.東京都内の大気汚染常時監視局において,2000年代初めはSPMの環境基準はほとんど未達成であったが,2003年頃より一般大気環境測定局および自動車排出ガス測定局のどちらの局においても,達成率は大幅に改善し,2005年度には全局達成を果たした.このような大幅改善の要因には,主にこの間におこなわれた自動車への排出ガス規制の効果が現われているものと考えられる.
 本研究では,東京都内の一般大気環境に相当する地点,および,幹線道路沿道の地点において,2002年から継続的に夏・冬季2週間ずつの粒子状物質(PM)捕集をおこない,その濃度推移を示した.また,CMB法をもちいた発生源寄与解析により,PM濃度への自動車寄与率の低下をPM成分からも実証した.
Particulate matter (PM) samples were collected at a road side (Noge area) and ambient samples also taken (Kudan area) in Tokyo in summer and winter seasons from 2002 to 2012. Fine PM (PM2.5) concentrations decreased in both Noge and Kudan from 2002 while coarse PM concentrations were at a stable level. With detailed PM composition data such as carbons, elements and ions, a chemical mass balance (CMB) method was used to estimate the contribution of PM sources. In 2002, PM from auto exhaust was the dominant component of PM2.5, its ratio was 63% at Noge and 35% at Kudan, however in 2012, the ratio reduced to 6% and 2% respectively. Emission countermeasures taken in this decade were tighter control on exhaust emissions from diesel-powered vehicles, reduction in the sulfur content of diesel fuel lead PM2.5 concentration reduction. In the latter 5 years, PM2.5 concentration is stable, a lower level of PM2.5 needs a reduction of secondary particles.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20131203 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2013/12

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6714
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ