DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大
JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20140201 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

リチウムイオン電池の劣化要因解析 - 保存試験後の内部抵抗増加要因 -
Analyses of Degradation Factors of Lithium-Ion Batteries -Resistance Increase Factors after Calendar-Life Test--

明神 正雄,得永 翔也,松田 智行,今村 大地
Masao MYOJIN,Syoya TOKUNAGA,Tomoyuki MATSUDA,Daichi IMAMURA

エネルギ問題の解決のために電動車両(電気自動車やハイブリッド自動車,プラグインハイブリッド自動車など)の普及が進んでいる.リチウムイオン電池は,二次電池の中でもエネルギ密度,出力密度が高く,車載蓄電池として利用されているが,長期間に渡り使用されるため,さらなる寿命や信頼性の向上が求められている.リチウムイオン電池の性能低下要因には保存劣化やサイクル劣化があることが知られており,使用条件や電極材料によってその影響度は異なってくると考えられる.車両では走行期間より駐車期間の方が長い場合が多く,駐車中の電池の性能低下(保存劣化)抑制による寿命の向上は重要な課題の一つである.保存時のリチウムイオン電池の寿命向上のためにはその劣化要因を詳細に把握する必要がある.本研究では,市販の18650型電池を用いて駐車を模擬した保存試験を実施し,定期的に容量と抵抗を測定するとともに,保存試験前後に交流インピーダンス測定を行い,出力低下を招く内部抵抗の増加要因について解析を行った.
Resistance increase factors of calendar-life tests were studied by electrochemical impedance spectroscopic (EIS) measurements of commercial lithium-ion cells composed of a LiNi1/3Co1/3Mn1/3O2 cathode and a graphite anode. The capacity faded rapidly at high temperature (50°C). In contrast, increased internal resistance was not affected by high temperature. The EIS measurements indicated that the cathode charge-transfer resistance increases at 25°C and the solution resistance increases at 50°C. These results revealed that the increase factors of internal resistance change with the temperature of calendar-life tests.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140201 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/02

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6720
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ