DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20140301 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

軽貨物車前面のエネルギ吸収特性
Frontal Crash Energy Absorption Characteristics of Light Freight Car

鮏川 佳弘,福山 慶介,面田 雄一,大賀 涼
Yoshihiro SUKEGAWA,Keisuke FUKUYAMA,Yuichi OMODA,Ryo OGA

交通事故の鑑定における衝突速度算出の一手法として,車体の永久変形量から固定壁換算速度(Equivalent Barrier Speed:以下「バリア換算速度」と呼ぶ)を求め,この速度と車両停止位置やタイヤ痕跡などから,衝突速度を算出する手法がある.前面衝突時のバリア換算速度は,広く交通事故鑑定にも用いられており,剛体の固定壁へのフルラップ前面衝突試験(平面バリア衝突試験)から求めた車体エネルギ吸収分布図(永久変形量と車体のエネルギ吸収特性の関係)を使って求めることができる.既に,ボンネット型車やキャブオーバ型車,ピックアップ型車など,いくつか車種について車体エネルギ吸収分布図が報告されている.しかし,軽貨物車(軽セミキャブオーバー型車)については,日本特有の車種であるため平面バリア衝突試験データが少ないほか,車体フレーム(以下,フレーム)の強度が高いことから,車体前端のエネルギ吸収分布図しか作成されていない状況にある.また,軽貨物車の多くはフレーム構造であるため,オフロード車や小型トラックへの追突事故などの場合は,フレームが追突車両の構造物に直接衝突したか否かによって,フレームの変形が軽微であってもキャビン(セミキャブ)が大きく変形する場合があり,軽貨物車の変形量(つぶれ量)が大きく異なることが予想される.
このため,本報告では,軽貨物車の高速平面バリア衝突試験,ならびに突起バリア衝突試験(軽貨物車のフレームが直接接触しない形態)を行うことで,軽貨物車前部の変形に関する基礎データを調査した.さらに,これらの結果をもとに,セミキャブオーバー型軽貨物車前部のエネルギ吸収分布図を作成した.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140301 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2014/03

分野 / Field

安全/Safety
ID:6723
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ