DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20140401 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

リチウムイオン電池パックの振動試験条件の妥当性検証
Investigation of vibration test conditions for lithium-ion battery pack in electric vehicles

前田 清隆,中川 翔馬,犬嶋 健,高橋 昌志
Kiyotaka MAEDA,Shoma NAKAGAWA,Takeshi INUSHIMA,Masashi TAKAHASHI

近年,自動車への搭載が増えているリチウムイオン電池は,単セルを複数組み合わせたモジュールとその電圧や温度,電流などを監視するBattery Control Unitから構成される電池パックとして使用される.
 そのような自動車用電池パックの標準試験法である,ISO 12405-1とISO 12405-2がそれぞれ発行されており,試験法は性能試験,信頼性試験,乱用試験がある.ここで報告する信頼性試験のひとつである振動試験では,車両の走行時の振動や駆動系の振動によるランダム波によって電池の破損や電気的接触の不備などが生じないか確認するための試験法である.
 振動試験は,パワースペクトル密度(以下,PSD)と試験時間をもとに実施されるが,ISO 12405の振動試験条件の導出根拠が不明である.また,自動車用リチウムイオン電池パックの振動試験に関する報告はほとんどない.そこで市販の電動車両を用いて,テーラリングにより振動試験条件を開発し,ISO 12405の試験条件が日本の道路環境下においても妥当であるかを検証したので報告する.
We developed vibration test conditions for Power Spectrum Density (PSD) and test duration using three electric vehicles assuming travel on Japanese roads to validate the vibration test method of ISO 12405 for electric vehicles. Acceleration time series data were measured by driving on various roads at various velocities in vehicles with accelerometers installed. The data were then transformed into PSDs. The results indicate that PSDs of ISO 12405 were valid. However, the test duration of ISO 12405 for each axis was not validated. Because the test durations for X- and Y-axes were excessive, and that for the Z-axis was a bit short.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140401 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/04

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6724
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ