DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20140402 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

BioRID-IIダミーの再現性に関する調査
Research on Reproducibility for BioRID-II Dummy

中嶋 太一,山崎 邦夫,小野 古志郎,加藤 和彦,角谷 佳治
Taichi NAKAJIMA,Kunio YAMAZAKI,Koshiro ONO,Kazuhiko KATO,Yoshiji KADOTANI

追突事故における被追突車乗員に発生する軽度の頚部傷害の低減を促進することを目的として,国内外の機関で法規化に関する議論やアセスメント評価試験が実施されている.具体的には,国内では,2009年度より自動車アセスメント(JNCAP)に後面衝突頚部保護性能評価試験が追加されている1).一方,海外では,UN GTR (Global Technical Regulation)において試験法の議論がなされており,2009年12月からは,GTR-Phase2インフォーマル会議(動的評価試験に関する新たな議論:GTR7)が開始され,日本はテクニカルスポンサーとしてサポートを行っている.GTR7では,ターゲットとする傷害ならびに試験方法等に加え,動的スレッド試験時におけるダミーの反復性や再現性の議論が行われている.そこで本研究では,試験で使用されるBioRID-IIダミーについて,校正試験ならびにスレッド試験から再現性を検討することとした.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140402 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2014/04

分野 / Field

安全/Safety
ID:6725
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ