DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20140502 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

年齢と性別に着目した前面衝突事故時の傷害発生傾向
Differences in Injury Patterns by Age and Gender in Frontal Collision

今長 久,小野 古志郎,立石 一正,高山 晋一,江島 晋
Hisashi IMANAGA,Koshiro ONO,Kazumasa TATEISHI,Shinichi TAKAYAMA,Susumu EJIMA

四輪車の前面衝突事故は,発生頻度および傷害程度の大きさを考えると,衝突安全性を検討する上で重要な事故形態である.特に,どのような傷害がどのような状態でどのような乗員に多く発生しているかの実態把握が不可欠となる.近年の前面衝突事故関連の分析では,高齢者の傷害や体格差を考慮した被害軽減対策(男女間の体格差等),ならびに内臓器損傷保護の重要性が指摘されている.シートベルトやエアバッグ等の安全装置の高性能化により死亡率の減少傾向がみられるものの,上記の指摘事項などに関する課題へのさらなる対応が求められている.
 本研究では,年齢と性別の違いによる傷害の発生動向を把握することを目的として交通事故マクロデータを分析した.また,衝突安全対策を検討する上でのデータの活用限界について検討した.
This study was focused on the trends of occupant injuries influenced by age and gender during automobile frontal crashes. ITARDA data from 2009 to 2011 was employed for the trend analysis. The most important finding was high frequencies of major injuries to the thorax and abdomen for over 26-year-old male and female occupants (drivers and passengers) in vehicles with seat belts and air-bags.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140502 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/05

分野 / Field

安全/Safety
ID:6727
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ