DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20140501 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

バイオディーゼル燃料によるポスト新長期規制適合エンジンの排出ガスへの影響
Effect of Biodiesel Fuel on Emissions from PNLT Diesel Engine

北村 高明,松浦 賢
Takaaki KITAMURA,Ken MATSUURA

地球温暖化防止やエネルギセキュリティに対する施策として再生可能エネルギへの転換の諸施策が世界的に進められている中,脂肪酸メチルエステル(以降,FAME:Fatty Acid Methyl Ester)を利用するバイオディーゼル燃料は自動車用燃料としての利用が拡大している.
 一方,FAMEは二重結合を持つ,蒸留性状が重質,酸素分を含む等の点で軽油と品質が異なっており,特にFAMEの高濃度混合利用においては,NOx等排出ガスの増加やインジェクターデポジット発生等の多くの懸念点がある.
 本研究は,NOx後処理装置として尿素SCRシステムを搭載する最新のポスト新長期規制適合ディーゼルエンジンを用いたエンジン台上試験等により,排出ガス特性の観点から高濃度FAME混合燃料の課題を明らかにすることを目的とする.
An engine testing was conducted to investigate the impact of biodiesel on fuel consumption, exhaust emissions and SCR catalyst performance using a PNLT HD diesel engine fitted with a DPF and urea-SCR system. The fuel was a B20 blend of a palm oil methyl ester-based biodiesel (PME) and ultra-low sulfur diesel. Using B20 slightly increases engine-out NOx emission and decreases the NOx reduction of SCR. This results in a 6 to 43% increase in tailpipe NOx emissions, depending on emission test cycles. The SCR performance degradation with B20 is most likely to be caused by the decreased NO2/NO molar feed ratio due to the suppression of in-cylinder NO oxidation by the reduced flame temperatures.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140501 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/05

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6728
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ