DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20140606 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

自動車用リチウムイオン電池の熱暴走発生方法の調査
Investigation of Thermal Runaway of Lithium-Ion Batteries for Vehicles

冨岡 純一,前田 清隆,犬嶋 健,高橋 昌志
Jun-ichi TOMIOKA,Kiyotaka MAEDA,Takeshi INUSHIMA,Masashi TAKAHASHI

産業用リチウムイオン電池の安全規格(JIS C8715-2など)では,耐熱暴走試験において,単セルの強制内部短絡試験かモジュール・パックの耐類焼試験のどちらかを行うこととなっている.耐類焼試験は,電池システム内の1セルが熱暴走した際に,他セルへの熱連鎖によるシステム外への発火や破裂の有無を確認する試験法である.本試験方法はIEC62660-2等で自動車用蓄電池に適用可能か検討されているが,耐類焼試験に関して,モジュール・パック内の1セルを適切に熱暴走させる方法が明確となっていないことが課題である.そこで,自動車用蓄電池への適用可能性を調査するため,特に熱暴走発生方法を検討する必要がある.
 このため,まずは単セルで過充電,加熱,釘刺しにより熱暴走発生の有無と発熱状況の比較を行い,適切な熱暴走発生方法があるか調査した.また,単セルの結果から選定した熱暴走発生方法で,モジュール規模での試験を行い,熱連鎖の有無を確認した.また,2013年1月に発生したボーイング787旅客機の発火事故対応で採用された対策を参考として,同様の材質であるフェノールガラス樹脂製の断熱板の有無の影響を調査した.
In a preliminary study of the thermal runaway propagation test, we performed an overcharging test, a heating test using heaters of several kinds, and a nail penetration test of a single cell to investigate the means for generating a thermal runaway. We found it was possible to generate thermal runaway due to overcharging, heating by a large film heater, and nail penetration. Next, we conducted thermal runaway propagation tests by heating some modules with the large film heater. We found we could produce thermal runaway only in one particular cell. In addition, we confirmed thermal runaway propagation to adjacent cells. Therefore, heater heating was an effective means of generating thermal runaway.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140606 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/06

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6730
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ