DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20140601 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

水素漏洩音による水素漏洩車両への安全な接近方法の検討(第2報)- 74dB程度の交通騒音環境下での認知可能な水素流量とその安全性 -
Safe access to a hydrogen leaking vehicle determined by hydrogen leakage sound (second report)- Perceptible flow rate of hydrogen in approximately 74dB traffic noise level environment, and its safety -

前田 清隆,竹内 正幸,山崎 浩嗣,田村 陽介
Kiyotaka MAEDA,Masayuki TAKEUCHI,Koji YAMAZAKI,Yohsuke TAMURA

燃料電池自動車(FCV)は,一部の自動車メーカーから2015年に販売される予定である.そのFCVは燃料として自動車にはほとんど使用されていなかった水素を高圧状態で搭載しているため,交通事故などによりFCVから水素が漏洩してしまった場合に,救助者が事故車両へ安全に接近するための対応策を事前に検討しておく必要がある.
そこで著者らは,水素漏洩音により事故車両へ安全に接近する方法を調査している1).その結果,暗騒音が40 dB程度の比較的静かな環境で車両から水素が漏洩した場合,水素漏洩音が聴取可能な最大の流量は車両中心から20 mの距離で110 NL/minであったことから,何らかの原因で水素に引火しても人に危害を与える程度ではないことがわかった1).しかし,地面から1.5 mの高さにおける水素漏洩音の最大の騒音レベルは約59 dBであったことから1),これ以上の暗騒音環境下においては水素漏洩音を認知出来ない可能性がある.さらに,そのような環境下において認知可能な流量の水素へ引火した場合は,人へ危害を及ぼすことも考えられる.
そこで,74 dB程度の交通騒音環境下において水素が漏洩した場合を想定して,水素漏洩音を認知可能な流量とその流量の水素に引火した場合の人への影響を調査した.
To examine the safety of rescuers when hydrogen leaks from an FCV vehicle, we investigated the relationship between the minimum audible threshold of hydrogen leakage sound and the flow rate of hydrogen in approximately 74 dB noise level environment. The results indicate that perceptible maximum hydrogen flow rate for 5 m and 10 m from the center of the vehicle are 260 NL/min and 338 NL/min. However, these flow rate does not harm to the human at each direction.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140601 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/06

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6735
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ