DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20140701 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

幹線道路沿道の超微小粒子個数濃度の経年変化と特徴
Ultra Fine Particle Measurement at Urban Roadside in Tokyo

森川 多津子,利根川 義男,加賀美 和江,田中 恵子
Tazuko MORIKAWA,Yoshio TONEGAWA,Kazue KAGAMI,Keiko TANAKA

自動車から排出される粒子状物質(PM)は,この10年,排出規制強化とそれに合致した排ガス低減技術の普及により大きく減少し,特に古い車両の運行が規制されているNOx・PM法規制地域内におけるSPM濃度の減少は著しい.ここで,自動車排出ガス中に含まれる超微小粒子やナノ粒子と呼ばれる,非常に微細な粒子状物質についても,自動車排出ガス低減技術の普及によって減少が期待されている.
本研究では,都内の幹線道路沿道において,継続的に粒径が10-400nmの範囲の超微小粒子状物質の個数濃度を計測した結果について述べる.それにより,沿道における超微小粒子状物質の特徴をとらえ,経年的なPM濃度の低下が,超微小粒子の個数濃度低下にも及んでいることを確認した.
Concentrations of ultrafine particles at urban roadside in Tokyo were measured using a scanning mobility particle sizer (SMPS). The particle sizes were 10~400nm, measured at 4 min. intervals, with and without a thermo denuder to see volatile and nonvolatile particles. Measurements were made for 2 weeks during summer and winter seasons in 2006 to 2008 and 2012. Concentrations in 2012 were reduced 18 to 55% compared to those of 2006, under both with and without thermo denuder conditions. The reductions during these periods were primarily due to PM emission regulation of diesel vehicles.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140701 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6738
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ