DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20140904 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

回避されているケースを考慮した交通事故発生モデルの提案
Methods of Estimating Traffic Accidents Considering Number of Avoiding Situations

今長 久,鹿島 茂
Hisashi IMANAGA,Shigeru KASHIMA

今後ニーズが増える予防安全性に関する事故分析では事故が発生するか否かを議論する必要があるが,既存の事故データ・分析フレームだけでは十分対応できないことが課題となっている.ドライブレコーダ等のデータを利用した事故・ニアミス分析などと組み合わせて,これまでの事故の結果分析やそれに基づく原因の予測から,事故の原因自体を分析する体系構築が必要である.
 本研究の目的は,複数の事故分析に関連するデータを組み合わせた事故の原因と結果の評価等を実施することに対応するために,既存の交通事故データを用いて事故と事故が発生する可能性があった状況とを分析するためのフレームワークを提案することである.なお,本研究は,将来的に分析可能なデータが十分に確保できた際に必要となるデータ整理の方法提案であり,現在のところ十分なデータがない.本報では,既存の利用可能な事故データを用いたモデル作成を通してパラメータの推計が可能かを検討することに主眼を置いて報告する.
This study provides a method of estimating accidents occurring between two objects (vehicle types). Parameters of the estimator are generation rate of dangerous situations and failure rate of accident avoidance for each object. This model assumes accidents occur when one object creates a dangerous situation and another object fails to avoid it. The parameters estimated using Accident statistics indicate trends in safety quality.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20140904 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2014/09

分野 / Field

安全/Safety
ID:6742
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ