DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20141102 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

インフラ協調安全運転支援システムの受容性を高めるための表示インターフェイス(第3報) -情報伝達に対する煩わしさを低減するための視聴覚表示の呈示方法-
Human-Machine Interface to Increase Drivers' Acceptance of Vehicle-infrastructure Cooperative Safe-Driving Support Systems (Third Report) -Visual and Auditory Displays to Mitigate Drivers' Perceived Annoyance with Information Presentation-

大谷 亮,江上 嘉典,岩城 亮,中村 之信
Akira OHTANI,Yoshinori EGAMI,Ryo IWAKI,Yukinobu NAKAMURA

前報では,ドライバから直接見えないカーブ先の渋滞車両との追突の危険性を知らせるインフラ協調安全運転支援システム(以下,「インフラ協調システム」という)を対象にして,情報伝達に伴う煩わしさの影響要因を検討した.その結果,カーブの進入直前に視聴覚表示を伝達することにより,主観的な煩わしさが大きく評価され,渋滞車両を回避するために強いブレーキが必要となるなどの負の影響が見られた.この結果は,視覚表示を呈示することで,カーブ走行や渋滞車両を回避するための前方注視が干渉されることによると推察される.
本稿では,前報と同様に,運転シミュレータ(以下,「DS」という)にカーブ先の見えない箇所に渋滞車両が存在する状況を模擬して,情報提供に対する煩わしさを低減するための視聴覚表示による伝達方法を調査した.
This report describes designs of visual and auditory displays in a vehicle to mitigate drivers’ perceived annoyance with information presented by a vehicle-infrastructure cooperative safe-driving support system. Twelve drivers drove through a curve on which a vehicle had been parked on a sequence of driving simulator. Drivers were unable to see the parked vehicle but were given information on the collision risk. The results indicated that information presented by auditory tone mitigated drivers’ annoyance with the presentation in case of shorter times to collision with the parked vehicle. However, information presented by tones was associated with greater levels of driver annoyance for longer times to collision with the vehicle. Designs of the visual and auditory displays to mitigate the annoyance are discussed.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20141102 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2014/11

分野 / Field

安全/Safety
ID:6750
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ