DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20150301 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

JARIにおける自動車関連データベースの活用と課題
Utilization and Prospects of World Motor Vehicle Database

沖山 清美
Kiyomi OKIYAMA

JARI自動車関連データベースは,自動車に関連する研究課題や調査の基礎情報提供を目的として2006年に作成した.当時,JARIでは研究課題毎に,必要となる統計データ等を収集しており,多大な時間と費用が必要であった.また,課題終了後は,蓄積されたデータは個々のコンピュータに格納されたままか,廃棄されていた.それらを有効利用するために,データベース作成と検索ソフトを備えた総合データ利用システムを構築した.
 2000年代には,京都議定書の第1約束期間(2008年~2012年)における1990年比6%減という目標を達成するため,さまざまな調査・研究が行われるなど,CO2等の温室効果ガスの排出量が特に注目を浴びていた.JARIにおいても,地球温暖化問題に関わる多くの研究課題を実施する中で,本データベースが活用されてきた.
 近年,政策提言のための統計データに基づく現状の把握や分析の重要性が高まっている中,効率的・効果的な統計データの提供を実施していくため,これからのニーズの把握などを踏まえて,JARI自動車関連データベースの活用と課題について検討した.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20150301 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2015/03

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6762
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ